• アイスランド
血は争えないと感じさせるその映画観は、まるで香港の雨傘運動やブラック・ライヴズ・マター 等、様々な市民運動、果ては国内内戦までも想起させる現代社会に問題提示を投げかける力作を完成させた、ユダヤ人虐殺の戦争犯罪を描いた法廷ドラマ『ミュージックボックス』(1989年)やチリでの軍事クーデター中に起きた失踪事件を映画化した『ミッシング』(1982年)など、絶えず骨太なテーマで映画を撮り続けてきたアテネ出身の映画監督コスタ=ガヴラス監督を父に持つロマン・ガヴラス監督、骨太な作風は、父親コスタ=ガヴラス監督譲り、一人の少年の死をきっかけにして住民と警察との全面戦争へと発展してゆく・・・ 要塞化した街で戦闘を指揮する殺された少年の兄弟と騒乱を鎮める立場の警察官の兄、憎悪をぶつける住民感情、復讐、不満、悪意、守ること、正義、様々な思いが錯綜し、決して引き返すことができない沸点までエスカレートしてゆく、全面戦争へと発展する市民暴動の行方は?クライム・サスペンス、Netflix、ネットフリックス、ダリ・ベンサラ、サミ・スリマン、アンソニー・バホン、オウアッシーニ・エンバレック、アレクシス・マネンティ、カリム・ラズミィ 、アテナ、Athena、ロマン・ガヴラス、

全面戦争へと発展する市民暴動の行方は?クライム・サスペンス『アテナ/At...

映画の公開によるすべての収益は、レバノンの首都ベイルートで 8 月 4 日に起きたベイルート港爆発事故で大きな打撃を受けたベイルートのセント ジョージズ病院で、保険のない子供たちに必要な医療を提供する慈善団体CAP-HOに寄付されます、レバノンワインの起源は5千年前とも一説には7千年前、食べて、祈って、恋をして、戦時中も苦難を耐え抜き、ワインを造り続けたレバノンのワインメーカー達。その不屈の精神から生まれた幸福と生き方論とは?、戦火のなか、ワインを造り続けたレバノンのワインメーカー達が語る、セルジュ・ホシャール、マイケル・ブロードベント、ジャンシス・ロビンソン、エリザベス・ギルバート、ミシェル・ドゥ・ブストロス、サンドロ・サーデ、カリム・サーデ、ジェームズ・パルジェ、ジョージ・サラ、ジャン=ピエール・サラ、ナジ・ブトロス、ジル・ブトロス、ロナルド・ホシャール、ガストン・ホシャール、ファウージ・イッサ、サミー・ゴスン、ラムジー・ゴスン、マイケル・カラ、Wine and War、戦地で生まれた奇跡のレバノンワイン、マーク・ジョンストン、ワイン、レバノンワイン、ドキュメンタリー、レバノン、セルジュ・ホシャール、ジャンシス・ロビンソン、マイケル・ブロードベント

戦火のなか、ワインを造り続けたレバノンのワイン醸造家達が語る『戦地で...

有楽町・朝日ホール、ノー・ベアーズ、No Bears、イラン、ジャファル・パナヒ、収監中のジャファル・パナヒ監督、まるで収監されるまでの過程を描いたかのような大胆な衝撃作『ノー・ベアーズ』が日本初公開!、「第23回東京フィルメックス」が2022年10月29日に開幕され、特別招待・オープニング作品としてジャファル・パナヒ監督が自ら出演する渾身の新作『ノー・ベアーズ』上映された。 監督がイラン当局に収監されながらもヴェネチア映画祭で公開され審査員特別賞を受賞したユーモラスで勇気溢れる傑作!、神谷ディレクター主導のもと開幕された「第23回東京フィルメックス」、『時代革命』、第79回 ヴェネチア国際映画祭:審査員特別賞、

まるで収監されるまでの過程を描いたかのようなジャファル・パナヒ監督に...

広大なアフリカのサバンナを舞台にイドリス・エルバが愛する娘達を決死の覚悟で守る父親を熱演!人間を恨む凶獣との死闘に勝ち目はあるのか?、猛獣との一騎打ち!決死のサバイバル・アクション、イドリス・エルバ、シャールト・コプリー、イヤナ・ハーレイ、リア・ジェフリーズ、メル・ジャーンソン、ビースト、Beast、バルタザール・コルマウクル、

猛獣との一騎打ち!決死のサバイバル・アクション『ビースト』

netflix、Mr. Harrigan's Phone、ハリガン氏の電話、スティーブン・キング、ジェイデン・マーテル、ドナルド・サザーランド、ホラー

大富豪の老人の死後もiPhoneで繋がり続けた少年の奇譚『ハリガン氏の電話』