• アート
歴史を変える秘宝の謎『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』、ハリソン・フォードが伝説の考古学者であり冒険家インディ・ジョーンズを演じる大ヒット・シリーズ第5作! インディが生涯をかけて探し続けた伝説の秘宝「運命のダイヤル」。 元ナチスの科学者フォラーもまた人間の想像をはるかに超え歴史を変える力を持つと言われる秘宝を狙っていた。 インディ史上、最大にして最後のアクション・アドベンチャーの幕があがる。、公開時期には、何と81歳となる若々しいハリソン・フォード、異例ずくめの第5作目、ジェームズ・マンゴールド、ハリソン・フォード, フィービー・ウォーラー=ブリッジ, アントニオ・バンデラス, マッツ・ミケルセン、ジョン・リス=デイヴィス, ボイド・ホルブルック、トーマス・クレッチマン、シャウネット・レネー・ウィルソン、トビー・ジョーンズ 、Indiana Jones and the Dial of Destiny、

歴史を変える秘宝の謎『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』

猫たらしな男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』、インフルエンサーをしながら俳優業に磨きをかけているネイサン、エンジニアとして生計を立てるジェフ、路上生活者のデイビッド、愛猫に"炎"と名付けた消防士のジョーダン。 猫たちとの生活に幸せを見つけた様々なライフスタイルの男たち。 生活が一変したコロナ禍を愛猫と乗り越えながら、相棒であり、家族でもある猫と人間の愛情物語を切り取った猫好き必見の心温まるドキュメンタリー。、マイ・ホン、ネイサン・ケーン、デビッド・ジョバンニ、ライアン・ロバートソン、猫、ネコ、cat

猫に恋した男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル! 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』

世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』、IMFエージェント、イーサン・ハントに与えられた最も過酷な究極のミッション。 それは、仲間を一人も失わずに全人類を脅かす新兵器が悪の手に渡る前に奪取すること。 本作では、第1作に遡るキャラクターも登場し、イーサン・ハントにとって、抗うことのできない謎めいた過去と対峙せざるを得なくなる。 『ミッション・インポッシブル』シリーズを締めくくる最終章は、PART ONEとPART TWOに分かれる。 トム・クルーズがイーサン・ハントを演じるのは、PART TWOで最後となる。 MIシリーズ、そして、俳優トム・クルーズにとって、最高のものとするべく、膨大な製作費をかけ、緻密なストーリー、今まで以上に激しいスタント・アクションも披露したPART ONEは、シリーズ最長の2時間43分。 PART TWOで一体?どんなことがスクリーン上で起きるのか? すでに待ち遠しくて仕方がない。、ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE、Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One、クリストファー・マッカリー、トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティエフ、ヴァネッサ・カービー、サイモン・ペッグ、シェー・ウィガム、ケイリー・エルウィス、ヴィング・レイムス、イーサイ・モラレス、ヘンリー・ツェニー、シリーズ最高額の製作費を賭けたトム・クルーズの俳優キャリアの総決算的な作品

世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション...

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊の自然史』、過去の戦争に眼差しを向け現代に警鐘を鳴らすウクライナ出身のセルゲイ・ロズニツァ監督の最新作2選。 連合軍による史上空前の大空爆とナチス・ドイツを断罪する軍事裁判の当時のフッテージを編集して提示するという独特のアーカイヴァル・ドキュメンタリーの手法で現代人の心へ揺さぶりをかける。 戦争を終結させるために多くの民間人を巻き込んだ大量無差別殺戮と戦後の軍事裁判での正当性から個人を極刑に処する倫理観。 2作品を通して、人とは? 戦争とは? そして正義とは?を問う、27歳から映画の勉強を始めた遅咲きの監督セルゲイ・ロズニツァ、2020年に劇場公開された ドキュメンタリーの3作品『アウステルリッツ』『粛清裁判』と『国葬』であり、アーカイヴ映像を編集して、観る者に問いかけるアーカイヴァル・ドキュメンタリストという印象が強い、第91回アカデミー賞外国語映画賞・ウクライナ代表に選出された劇映画『ドンパス』(2018年)も同じ年に日本で公開、心理サスペンス『霧の中』(2012年)でカンヌ国際映画祭・ある視点部門・監督賞と国際批評家連盟賞を受賞、『ジェントル・クリーチャー』(2017年)は、カンヌ国際映画祭・コンペ部門正式上映、ロシアによるウクライナ侵攻を鑑みてもウクライナ出身の映像作家によるこうした歴史上で起きてきた事象を検証しながら警鐘を鳴らし続ける映像作家活動は、現代社会において瞠目すべきこと、

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊...