• アート
もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タランティーノ 映画に愛された男』、以前からクエンティン・タランティーノは「長編映画を10本撮ったら引退する」と公言していた。 引退時期を見極めないで撮り続けると先輩監督たちのように結局、駄作を残すことになり、それは避けたいと考えているようだ。 ありとあらゆる映画を観尽くしたタランティーノならではの引き際を綺麗にしておきたいという強い信念である。 本作は、監督9作目となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年)の公開直後に劇場公開された。 過去8本作られた作品の知られざる秘話を各作品を彩ってきた俳優陣が赤裸々に語るユニークなタランティーノの映画殺法の証言ドキュメンタリーとなっている。 10作目と目される映画が華やかだった頃の名評論家を描く『映画評論家/The Movie Critic(原題)』の製作準備段階とされているが、 『ワンス・アポン〜』でレオナルド・ディ・カプリオが扮したリック・ダルトン演じるガンマン、ジェイク・カーヒルが活躍する映画内の架空の西部劇『バウンティ・ロウ』のTVドラマ・シリーズ化が進行中であり、また実は、あの『キル・ビル Vol.3』製作の噂も! 主人公をユマ・サーマンが演じたブライドから別のキャラクターに変えて描く続編の企画話も立ち消えではない。 『キル・ビル』の役者陣が自然に老いるの待っているというまことしやかな話まであるのだ。 引退なんて、まるで嘘のようなQTユニバースの今後の拡張にも注目したい。、本作では、タランティーノ本人へのインタビューは行われなかった、21 Years: Quentin Tarantino、タラ・ウッド、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、スティーヴ・ブシェミ、ダイアン・クルーガー、ルーシー・リュー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ブルース・ダーン、ロバート・フォスター、

もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タラ...

自分を再発見するメロウな旅路『ソウルに帰る』、2022年アカデミー賞国際長編映画賞カンボジア代表選出作品。 私は誰なのか?私の居場所とは?他者との関係において、自分はどのような立ち位置にいるのか? アイデンティティという普遍的なテーマを元にカンボジア系フランス人監督ダビ・シューが挑んだのは、見た目は韓国人でも生粋のパリジャンの女性の自身のルーツを探るディープな旅。、フランスで養子縁組されて育った25歳のフレディ、ハモンド養子縁組センター、クンサン市、初めての映画出演でも監督への質問攻めでキャラクターを作り上げたパク・ジミン、第75回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・正式出品作、東京フィルメックス:特別審査員賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞:ニュー・ジェネレーション賞・ダヴィ・シュー、パク・ジミン、Return to Seoul、ダヴィ・シュー、パク・ジミン、グカ・ハン、オ・グァンロク、キム・ソニョン

自分を再発見するメロウでディープな旅路『ソウルに帰る』

ウーマン・トーキング 私たちの選択、Woman Talking、サラ・ポーリー、ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショー、フランシス・マクドーマンド、第95回アカデミー賞・ノミネート:脚色賞・サラ・ポーリー、作品賞、実話にインスパイアされた衝撃の物語、平和だったはずの村で起きていた女性たちへのレイプ事件は、実は村の男性たちによるものだった! 事実を知った女性たちは、男性たちがいない間、今後の相談のために屋根裏部屋に集会するのだが、話し合いは多岐に渡ってゆく・・・。 ボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件を題材に舞台を架空の場所に置き換え、性被害に遭った女性たちの真剣な話し合いを描いてゆく。、絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観、南米のボリビアで実際に起きたシリアル・レイプ事件をベースに執筆されたミリアム・トーズの2018年発表の同名小説。、監督のサラ・ポーリーは、本作の絶望に埋没したかのような暗澹たる世界観を表現すべく、カラーグレーディングに依って、画面を限りなくモノクロに近い褪せた色合いの世界を作り上げた、サラ・ポーリーにとって実に10年ぶりの監督最新作、サラ自身もまた『ウーマン・トーキング』の性被害に遭った者の一人なのだという強いメッセージを内包している

実話にインスパイアされた衝撃の物語『ウーマン・トーキング 私たちの選択』

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第17作目の映画となる本作。 どこにでもいる平凡なヒスパニック系ティーンエイジャーのジェイミー(ショロ・マリデュエニャ)。 彼はひょんなことから手にしたエイリアン・テクノロジーで作られた甲虫型のA.I.兵器スカラベと脊髄を通して一体化し、強靭な装甲外骨格を持つブルービートルに変貌する。 ジェイミーを新しい守護者に選んだ究極の戦闘兵器スカラベは、彼が想像したありとあらゆる武器を瞬時に生み出すことができる。 その戦闘能力のレベルは地球壊滅規模。 ジェイミーとスカラベの秘密を知る家族、友人に支えられながら陽気なグルーヴ感で繰り広げられる史上初のラテン系スーパーヒーローがついに爆誕した!、今後、要注目のブラジルの国民的女優ブルーナ・マルケジーニ、ブルービートル、Blue Beetle、アンヘル・マヌエル・ソト、ショロ・マリデュエニャ、ブルーナ・マルケジーニ、スーザン・サランドン、ハーヴィー・ギレン、ラオール・トゥルヒロ、エルピディア・カリロ、ジョージ・ロペス、アドリアナ・バラッザ、ベリッサ・エスコベド、ブリジェット・ミッチェル・ベントレー、ベッキー・G(声)、

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』

ロマンティック・アクション・アドベンチャー『ゴーステッド Ghosted』、ウブな青年が愛した女性は、実はCIAエージェントだった⁉︎ 素敵な彼女との突然の恋からメッセが全て未読スルーされるあまり、彼女を追いかけて行ったロンドンであり得ない命を賭けた冒険の数々が始まる。 アナ・デ・アルマスとクリス・エヴァンスを主演に迎え、『ボヘミアン・ラブソティ』を大成功に導いた監督デクスター・フレッチャーによるコミカルなスパイ・アドベンチャー。、ミュージカル映画のシン・名匠デクスター・フレッチャーは音楽マニア?、息のあった主演のアナとクリスは、3度目のタッグ、デクスター・フレッチャー、アナ・デ・アルマス、クリス・エヴァンス、エイミー・セダリス、エイドリアン・ブロディ、ティム・ブレイク・ネルソン、テイト・ドノヴァン、マーワン・ケンザリ、リジー・ブロードウェイ、マイク・モー

ロマンティック・アクション・アドベンチャー『ゴーステッド Ghosted』