• キム・ミニ
アシスタント、ジ・アシスタント/The Assistant(原題)、リアル・ライフ・スリラー、Mee Too問題に発展した事件をモデル、女性のジェンダー、人権、働き方、映画界で大物製作者のアシスタント、ハーヴェイ・ワインスタイン、キティ・グリーン、ジュリア・ガーナー、マシュー・マクファディン、ジョン・オルシーニ、ダグマーラ・ドミンスク、アレクサンダー・チャップリン、ブレッヒェ・ハイネン、クララ・ウォン、ジュリアーナ・キャンフィールド、クリスティン・フロセス、パトリック・ブリーン

リアル・ライフ・スリラー『アシスタント』

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』、唯一無二の奇想天外な作風とそれを形にする画家としての高い技量で20世紀を代表する画家の一人となったスペインのアーティスト、サルバドール・ダリ。 ポップ・カルチャー全盛の70年代、ニューヨークで夜ごと繰り広げられるパーティを堪能し尽くし、アートの最前線を独走していたのは、口髭を生やし、奇抜なスタイルのダリだった。 その奇想天外なシュルレアリスムの大家の源泉とは何なのか? ダリと創作パートナーであった妻のガラとの私生活、アートと金の関係など知られざるエピソードを盛り込みダリの真の姿を映し出す。、アート青年、ジェームス・リントン役はエズラ・ミラーが演じる予定だった。、Daliland、メアリー・ハロン、ベン:キングズレー、バルバラ・スコヴァ、エズラ・ミラー、アンドレア・ペジック、クリストファー・ブライニー、ルパート・グレイヴス、スキ・ウォーターハウス、マーク・マッケンナ

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』

聖なる呼び声に導かれる青年の孤独で静謐なバイク旅『黄色い繭の殻の中』、カンヌ映画祭・監督週間でベトナム人監督としてトラン・アン・ユン以来、実に30年ぶりに新人監督賞を受賞した新鋭ファム・ティエン・アンの長編作品。 コンペテション部門で上映された東京フィルメックスでは、大賞に当たる最優秀作品賞を受賞。 その特徴は様々な世界の名匠の作風を想起させる美しい長回し撮影。 青年の彷徨い続ける魂を乗せた長閑なバイク旅は美しい風景と花鳥風月になぞられ、過去と現在が入れ替わりながら混沌を極めてゆく。 ファム監督は誰もが心の底に持つ"聖なる呼び声"により導かれる青年を通し、観客それぞれがその答えを出して欲しいと訴えかける。、旅の途中で出会う様々な生き物たちに込められた想い、内なる声に従って長閑なベトナムの田舎を彷徨ったある孤独な青年のバイク旅、いくつかある生き物が現れるシーンの中でも特に義理姉の葬儀のシーンに現れる蝶や蚕が成虫となり羽ばたいている様など特別な意味を込めています。今後も機会があれば、生き物がスクリーンに登場する演出をしていきたいと思います。、30年前に『青いパパイヤの香り』で鮮烈にデビューし、カンヌ国際映画祭の新人監督の登竜門である監督週間にて新人監督賞に値するゴールデン・カメラ賞を受賞し、その後、世界的な映画監督へと成長したトラン・アン・ユンに次ぐベトナム人監督、第76回カンヌ国際映画祭:監督週間正式出品作・カメラ・ドール受賞、2023年東京フィルメックス:コンペティション部門正式上映作品・最優秀作品賞、Inside the Yellow Cocoon Shell、ファム・ティエン・アン、レ・フォン・ヴー、グエン・ティ・トルック・クイン、グエン・ティン、ヴー・ヌク・マン、

聖なる呼び声に導かれる青年の孤独で静謐なバイク旅『黄色い繭の殻の中』

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊の自然史』、過去の戦争に眼差しを向け現代に警鐘を鳴らすウクライナ出身のセルゲイ・ロズニツァ監督の最新作2選。 連合軍による史上空前の大空爆とナチス・ドイツを断罪する軍事裁判の当時のフッテージを編集して提示するという独特のアーカイヴァル・ドキュメンタリーの手法で現代人の心へ揺さぶりをかける。 戦争を終結させるために多くの民間人を巻き込んだ大量無差別殺戮と戦後の軍事裁判での正当性から個人を極刑に処する倫理観。 2作品を通して、人とは? 戦争とは? そして正義とは?を問う、27歳から映画の勉強を始めた遅咲きの監督セルゲイ・ロズニツァ、2020年に劇場公開された ドキュメンタリーの3作品『アウステルリッツ』『粛清裁判』と『国葬』であり、アーカイヴ映像を編集して、観る者に問いかけるアーカイヴァル・ドキュメンタリストという印象が強い、第91回アカデミー賞外国語映画賞・ウクライナ代表に選出された劇映画『ドンパス』(2018年)も同じ年に日本で公開、心理サスペンス『霧の中』(2012年)でカンヌ国際映画祭・ある視点部門・監督賞と国際批評家連盟賞を受賞、『ジェントル・クリーチャー』(2017年)は、カンヌ国際映画祭・コンペ部門正式上映、ロシアによるウクライナ侵攻を鑑みてもウクライナ出身の映像作家によるこうした歴史上で起きてきた事象を検証しながら警鐘を鳴らし続ける映像作家活動は、現代社会において瞠目すべきこと、

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊...

今秋、渋谷で再開催!トラベリング・ウィズ・ウェス・アンダーソン『ウェス・アンダーソンすぎる風景展 あなたのまわりは旅のヒントにあふれている』、画像投稿のインスタグラムの人気アカウント"Accidentally Wes Anderson"を知っているだろうか? ウェス・アンダーソン映画に出てきそうなパステルカラーのポップで左右対称のシンメな構図と切り取り方で世界中で撮影された風景写真が一堂に介すウェス好きなら知らない者はいない大人気のSNS上のグローバル・コミュニティのことである。 この"偶然にもウェス・アンダーソン風"の写真たちが、大人気を博した韓国の展示に始まり、日本にも『ウェス・アンダーソンすぎる風景展 あなたのまわりは旅のヒントにあふれている』として、天王洲・寺田倉庫G1にて開催された。 会期も残すところあと1週間のタイミングでいかにもウェス・アンダーソン映画を好みそうなファッショニスタな若者で賑わう会場へと足を運んだ。 ウェス映画の世界観をうまく醸成した旅を誘うアミューズメント・パークのようなナイスな展示の数々は、今まであった写真展示の楽しみ方とは違う異次元の楽しみ方を体感できる。『アステロイド・シティ』と連動して、バズりそうな予感の渋谷ヒカリエでの再開催、 同展のルーツとなった人気のインスタグラム・アカウント(AWA)の熱心なフォロワーやウェス・アンダーソンの映画にくびったけのファン以外にもプロアマ問わず、写真を嗜む方々にも強くリコメンしたい。 AWA創設者のコーヴァル夫妻が撮影した作品以外にも夫妻が"冒険者"と呼ぶシェアされた世界中の写真のリアル展示をこれだけの人々が楽しんでいるのは、写真というジャンルの世界ではエポックメイキングな出来事として記憶されることだろう。 展示方法に通常の写真展を超えた工夫がなされており、素晴らしくセンス抜群であり、これからの時代の画像の愛しみ方、楽しみ方のヒントが見え隠れする。 旅心を誘う写真と戯れることができるとっておきの場所は期間限定開催である。時間を作って、是非、足を運ばれることをお勧めする。、旅心を誘う写真と戯れることができるとっておきの場所は期間限定開催である。そして、今秋に渋谷での再開催も決定した! 時間を作って、是非、足を運ばれることをお勧めする。、写真展という姿をしたアミューズメント・パーク

今秋、渋谷で再開催決定!トラベリング・ウィズ・ウェス・アンダーソン『...