• クリスマス
実はテコンドー黒帯の有段者、ナイスガイ、デヴ・パテルの新境地!壮絶なアクション巨編、モンキーマン、Monkey Man、アクション・スターのイメージよりも知的なナイスガイのイメージが強いデヴ・パテル渾身の初監督・主演作は、サウス・バイ・サウスウエストでのヘッドライナー上映後、"ムンバイのジョン・ウィック"と熱狂的に迎えられた意欲作。、邪悪な伝道師と悪徳警官により全滅した町で唯一生き残った少年が成長し、殺された母親のために血で血を洗う報復を描くリベンジ・アクション・ノワール。、アクション映画界に風穴を開けてやる!デヴ・パテルが込めた本作への熱き想い、ネットフリックス・ストレイト配信から劇場公開へと作品の運命を変えたキーマン、マルチカメラ撮影のシーンは一部をGOPROとiPhoneで代用、試写を観たジョーダンは、本作は劇場公開にするべき内容の作品との直感から権利をNetflixから自社であるモンキーパウ社で買い上げ、ユニバーサル映画との配給ディールに話をつけた、サウス・バイ・サウスウエスト:ヘッドライナー上映:観客賞、デヴ・パテル、シャールト・コプリー、ピトバッシュ・トリパシー、シカンダル・ケール、ソビタ・ドゥリパラ、マカランド・デシュパンデ、アシュウィニー・カルセカール、ヴィピン・シャルマ、アディティ・カルクンテ、ジョモン・トーマス、ヴィージェイ・クーマー

実はテコンドー黒帯の有段者、ナイスガイ、デヴ・パテルの新境地!壮絶な...

魔法のようなラブ・ストーリー、ジョージアの新鋭監督アレクサンドレ・コベリゼがかける恋の魔法。 一目惚れした男女が一晩で別人に変わってしまうという呪いのような魔法が織りなす美しい古都クタイシの人々との心温まる交流。、ジョージアの美しい古都、クタイシ、邪悪な呪い、心温まるおとぎ話、映画学校の卒制作作品が世界的な評価に繋がる快挙、ベルリンの映画学校、ジョージアのフィルム・センター、助成金、第71回ベルリン国際映画祭:コンペティション部門出品作品・国際批評家連盟賞、シカゴ国際映画祭:最優秀脚本賞・アレクサンドレ・コベリゼ、東京フィルメックス2021:最優秀作品賞(グランプリ)、学生審査員賞、What Do We See When We Look at the Sky?、ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう、アレクサンドレ・コベリゼ、ギオルギ・アンブロラゼ、オリコ・バルバカゼ、ギオルギ・ボチョリシビリ、アニ・カルセラゼ、バフタング・パンチュリゼ 、

魔法のようなラブ・ストーリー『ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう』

デューン 砂の惑星 PART2、Dune: Part Two、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤ、レベッカ・ファーガソン、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、オースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、デイヴ・バウティスタ、クリストファー・ウォーケン、レア・セドゥ、ステラン・スカルスガルド、シャーロット・ランプリング、スハイラ・ヤコブ、アニャ・テイラー=ジョイ、ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』、フランク・ハーバートによる全6巻からなるSF小説の金字塔をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が完全映像化した第2弾! パート1の興行的な大成功から直ぐにパート2製作に入り、第1部で世界観の下地が完全に作り上げられたおかげで本作で縦横無尽に登場人物たちが駆け巡り、後半ではケレン味たっぷりの壮大な戦闘シーンが用意されている。 本作シリーズの快調な成功を受け『デューン』は、3作目『デューン 砂の惑星 PART3 メサイヤ(救世主)』(仮題)で幕を閉じるが、TVシリーズで前日譚にあたるプリクエル『デューン プロフェシー(啓示)』(仮題)もスタートし、この物語が形作られていった謎が紐解かれてゆく。 フランクの息子ブライアン・ハーバートとケヴィン・J・アンダースン共著による続編も 数多く出版されている『デューン 砂の惑星』ユニバースは拡張し続けていきそうな予感がある。、オースティン・バトラーが見事に演じた冷酷非道なサイコパス、フェイド・ラウサ、『デューン』ユニバースの可能性、SF映画

ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』

第二次世界大戦後のドイツ、男性同性愛を禁ずる法律が公然と施行されていた時代。 痛みを知る者は、なぜこんなにもやさしいのか。 「刑法175条」男性同性愛を処罰の対象とする法によって何度も投獄されながらも屈することなく生き続ける男と、内に秘めた痛みを抱えながら刑務所での日々を過ごすかつて殺人を犯した男。 共通点などないかのようなふたりを繋いだのは、絶望を知るが故の限りないやさしさだった。、愛する自由を求め続けた男の20年『大いなる自由』、Great Freedom、大いなる自由、セバスティアン・マイゼ、フランツ・ロゴフスキ、ゲオルク・フリードリヒ、第二次世界大戦後のドイツ、男性同性愛を禁ずる法律が公然と施行されていた時代。 愛する自由を求め続けた男の20年以上にわたる物語。、男性同性愛を禁じた刑法175条、西ドイツでは1969年に21歳以上の男性同性愛は非犯罪化され、1994年にようやく撤廃された。約120年間に14万もの人が処罰された、第74回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・審査員賞、第74回カンヌ国際映画祭:クィア・パルム賞、

愛する自由を求め続けた男の20余年に渡る物語『大いなる自由』

イタリアの名門フェラーリの創業者エンツォの苦難の日々『フェラーリ/Ferrari』、当時、一世を風靡した人気TVドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』シリーズで知られるフェラーリ狂のマイケル・マン監督。 マン監督、長年の夢の映画企画がアダム・ドライバー主演で遂に完成! 創業から10年、モータースポーツへの過剰な投資や労使紛争に巻き込まれたことから経営が悪化し倒産寸前まで追い込まれた自動車製造メーカー、フェラーリ。 エンツォ・フェラーリ(アダム・ドライバー)が打って出た起死回生の策は、イタリアを縦走する耐久レース「ミッレミリア」に出場し、勝利することだった!、フェラーリ狂で知られるマイケル・マン監督、宿願の映画企画、フェラーリ・デイトナ・スパイダー、特捜刑事マイアミ・バイス、フェラーリ・テスタロッサ、フェラーリ308GTB、フェラーリ、Ferrari、マイケル・マン、アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シェイリーン・ウッドリー、サラ・ガドン、パトリック・デンプシー、ジャック・オコンネル、ヴァレンティーナ・ベル、ガブリエル・レオン、ブレット・スムルツ、トンマーゾ・バシリ、

イタリアの名門フェラーリの創業者エンツォの苦難の日々『フェラーリ』