• シャーロット・ランプリング
長年、親友同士だったはずの友人に突然の絶縁状を叩きつけられた男の悲喜劇を『スリー・ビルボード』の名匠であり劇作家のマーティン・マクドナーが舞台用だった脚本を映画に翻案、演技達者たちを集めエモーショナルな傑作に仕立て上げた、親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア、コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン、パット・ショート、デイビット・ピアース、マーティン・マクドナー、アイルランド、イニシェリン島の精霊、The Banshees of Inisherin、

親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア『イニシェリン島...

ジェーン・オースティンの「プライドと偏見」がモチーフ、恋人いない歴30年、ニューヨーク州、ロングアイランド、ゲイ・コミュニティの若者たちが集うリゾートの島、ファイアー・アイランドで繰り返されるダンス・パーティ、カラオケにお茶会?奔放な夏を通して、出会い、友情、そして別れ、忘れることのない夏の思い出が綴られてゆく、夏の思い出はビター・スウィート、青春ラブ・コメ、Disney +、ジョエル・キム・ブースター、ボウエン・ヤン、マーガレット・チョー、コンラッド・リカモラ、ジェームズ・スカリー、マット・ロジャース、トーマス・マトス、トリアン・ミラー、ニック・アダムス、アンドリュー・アーン、ファイアー・アイランド、Fire Island、

夏の思い出はビター・スウィート、青春ラブ・コメ『ファイアー・アイランド』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』

他者には頑なに沈黙を貫き通した場面緘黙(かんもく)症の一卵性双生児の奇妙なライフ・スタイルを描く唯一無二のノンフィクション 衝撃の映画化!、もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー、レティーシャ・ライト、タマラ・ローレンス、ジョディ・メイ、マイケル・スマイリー、ジャック・バンデイラ、トレヴァ・エチエンヌ、トニー・リチャードソン、デクラン・ジョイス、アマーラ・ジェイ・スト・オービン、イーワ・ロダート、アグニェシュカ・スモチンスカ、ポーランド、The Silent Twins、ザ・サイレント・ツインズ、

もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー...

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...