• タハール・ラヒム
第二次世界大戦後のドイツ、男性同性愛を禁ずる法律が公然と施行されていた時代。 痛みを知る者は、なぜこんなにもやさしいのか。 「刑法175条」男性同性愛を処罰の対象とする法によって何度も投獄されながらも屈することなく生き続ける男と、内に秘めた痛みを抱えながら刑務所での日々を過ごすかつて殺人を犯した男。 共通点などないかのようなふたりを繋いだのは、絶望を知るが故の限りないやさしさだった。、愛する自由を求め続けた男の20年『大いなる自由』、Great Freedom、大いなる自由、セバスティアン・マイゼ、フランツ・ロゴフスキ、ゲオルク・フリードリヒ、第二次世界大戦後のドイツ、男性同性愛を禁ずる法律が公然と施行されていた時代。 愛する自由を求め続けた男の20年以上にわたる物語。、男性同性愛を禁じた刑法175条、西ドイツでは1969年に21歳以上の男性同性愛は非犯罪化され、1994年にようやく撤廃された。約120年間に14万もの人が処罰された、第74回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・審査員賞、第74回カンヌ国際映画祭:クィア・パルム賞、

愛する自由を求め続けた男の20余年に渡る物語『大いなる自由』

Z世代の新絶叫クイーン・ジェナ・オルテガ、11年ぶりの続編『スクリーム』(2022年)でタラ・カーペンターという名の新キャラとして登場したジェナ・オルテガ。 タラは家のオートロックをかけてもかけてもアンロックしてくる殺人鬼ゴーストフェイスに襲われ恐怖に顔を引きつらせながら九死に一生を得る。 先頃、全米公開されたばかりの続編『スクリーム VI』にもジェナは前作で生き残ったタラとして続投。 「ゴーストフェイスを始末しよ!」と息巻く気の強さを見せる。 Z世代を代表するハリウッド・スターとして、20歳のジェナ・オルテガのキャリアが今、とてつもない光を放って輝き始めている。、スクリーム史上歴代最高興収を叩き出した作品で頭角を表したジェナ、『X エックス』への出演で絶叫クイーンの名が決定的に!、ティム・バートンが惚れ込んだジェナの魅力!、日本での公開が待たれるシリーズ最新作『スクリーム VI』、

Z世代の新絶叫クイーン・ジェナ・オルテガ

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史、5月に発売されるコンピレーション・アルバム、TRAVESÍA RYUICHI SAKAMOTO CURATED BY IÑÁRRITU。 映画『バベル』(2006年)への坂本の楽曲提供に始まり、オスカー3冠に輝く『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015年)でのオリジナル・サウンドトラック製作、等、その音楽的才能に惚れ込み、親しく交流を続けてきた世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 このアルバムは音楽家・坂本龍一の生涯の道筋をまるで旅をするが如くにイニャリトゥ監督がセレクトした楽曲で構成された特別なコンピレーション。 全1000曲の坂本の様々な音源を半年かけて、イニャリトゥ監督が聴き、セレクトしているという。、優雅で感動的な静寂があるミニマリスト、音楽家・坂本龍一の生涯を鳥瞰する旅 "TRAVESÍA"、

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史

降霊会でふざけるとトンでもない結末が待っているモダン・ホラー『トーク・トゥ・ミー/Talk to Me(原題)』、過激なパロディ動画で人気を呼んだオーストラリアのYouTuber、フィリッポウ兄弟、初めての長編映画監督作は、サンダンス映画祭上映後、A24とユニバーサル映画の間で米配給権利の奪い合いになったほどのホットな話題の恐怖映画。 ミステリアスな剥製の手を使って、若者グループが半ば冗談で始めた降霊会。 ふざけてエスカレートしてゆく内にやがて血も凍るグロテスクな恐怖に襲われるモダン・ホラー。、過激なホラーテイストのコメディー動画で人気を呼ぶフィリッポウ兄弟、ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ、トーク・トゥ・ミー、Talk to Me、ソフィー・ワイルド、ジョー・バード、アレクサンドラ・ジェンセン、オーティス・ダンジ、ミランダ・オットー、マーカス・ジョンソン、アレクサンドリア・シュテッフェンゼン、ゾーイ・テラケス、クリス・アロシオ、アリ・マッカーシー、サニー・ジョンソン、

降霊会でふざけると、とんでもない結末が待っているモダン・ホラー『トー...

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日16日(金)にオープン!、去る4月10日より長期休館に入ったBunkamuraル・シネマは6月16日(金)より、渋谷駅の目の前に立地する旧渋谷TOEI跡地に新たな映画館「Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下」をオープンする。、コンテクストを継承しつつ、新たな気配のする空間、より駅前に立地することの優位性、

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日1...