• ラース・フォン・トリアー
魔法のようなラブ・ストーリー、ジョージアの新鋭監督アレクサンドレ・コベリゼがかける恋の魔法。 一目惚れした男女が一晩で別人に変わってしまうという呪いのような魔法が織りなす美しい古都クタイシの人々との心温まる交流。、ジョージアの美しい古都、クタイシ、邪悪な呪い、心温まるおとぎ話、映画学校の卒制作作品が世界的な評価に繋がる快挙、ベルリンの映画学校、ジョージアのフィルム・センター、助成金、第71回ベルリン国際映画祭:コンペティション部門出品作品・国際批評家連盟賞、シカゴ国際映画祭:最優秀脚本賞・アレクサンドレ・コベリゼ、東京フィルメックス2021:最優秀作品賞(グランプリ)、学生審査員賞、What Do We See When We Look at the Sky?、ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう、アレクサンドレ・コベリゼ、ギオルギ・アンブロラゼ、オリコ・バルバカゼ、ギオルギ・ボチョリシビリ、アニ・カルセラゼ、バフタング・パンチュリゼ 、

魔法のようなラブ・ストーリー『ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう』

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』、粛清の包囲網から奇跡的に生還した殺し屋ジョン・ウィック。 ジョンは裏組織ハイ・テーブルへの報復を企てるが、新たに組織を牛耳ろうとする冷酷なグラモン侯爵の登場で潮目が再び変わる。 再び追われる身となるジョンが真の自由を得るためには、古式銃による一対一の決闘しかない。 相手は、強敵グラモン侯爵。 だが、ジョンの首に再び天文学的数字の賞金がかけられ、殺し屋が総動員して襲ってくるのだった・・・。、監督チャド・スタエルスキは、かなりのシネフィルである、不死身のジョン・ウィックであるためのキアヌの心意気とリアリティ、John Wick: Chapter 4、チャド・スタエルスキ、キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、ビル・スカルスガルド、ドニー・イェン、真田 広之、スコット・アドキンス、ランス・レディック、イアン・マクシェーン、リナ・サワヤマ、クランシー・ブラウン、ジョルジュ・ジョルジョー、マルコ・サロール、シャミール・アンダーソン、ジャン=ピエール・ジュネの映画『アメリ』、『アラビアのロレンス』、ポルト・デ・リラ駅、

全ては自由のために!『ジョン・ウィック コンセクエンス』

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』、ヒッチコックが映画化したダフネ・デュ モーリアの不朽の名作『レベッカ』からインスパイアされて書かれた俊英オテッサ ・モシュフェグによる小説『アイリーンはもういない』を完全映画化。 黒い感情を抑え込み、物静かに生活しようと努める孤独な一人の女性アイリーンが魅力的な女性レベッカと出逢うことで始まるそれまでの鬱屈とした人生の終わりと新たな人生の始まりまでの1週間を劇的に描くサスペンス・スリラー。、サスペンス・スリラーの新女王トーマシン・マッケンジー、PEN/ヘミングウェイ賞を受賞し、更にブッカー賞、全米批評家協会賞、英国推理作家協会ジョン・クリーシー・ダガー賞の最終候補にノミネートされている。、2018年にオテッサが発表した小説「My Year of Rest and Relaxation」は2001年同時多発テロを時代背景に一人の裕福な家庭に育った一人の美しい女性が突然仕事を辞め、冬眠と称してニューヨークの自宅に引き篭もりひたすら眠り続ける姿を描き、予告編で使われているロールシャッハ風の画面処理など、様々なパーツがスリリングであり、その極上の心理サスペンス風味にとてもそそられる仕上がり、Eileen、ウィリアム・オルドロイド、トーマシン・マッケンジー、アン・ハサウェイ、シェー・ウィガム、サム・ニボラ、シオバン・ファロン、トニー・パタノ、ウィリアム・ヒル

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』

大胆不敵!強靭なフュリオサの秘密が紐解かれる『マッドマックス フュリオサ』、」『マッドマックス』シリーズ創始者ジョージ・ミラー監督によるり、マッドマックス史上最長の2時間28分の大作となった最新作『マッドマックス フュリオサ』。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)に繋がる前日譚となる本作は、前作でシャーリーズ・セロンが演じたフュリオサ大隊長の怒りの根源となった過去を辿ってゆく。 本作では口数少ない若きフュリオサを現代のファッション・アイコン的演技派スター、アニャ・テイラー=ジョイがインパクトのある目力と危険を顧みず積極的に自らスタント・シーンもこなし、後に大隊長となる人物を形成した過去を大胆に演じきっている。、アニャ・テイラー=ジョイにとってフュリオサの全てが刺激的なエクスペリエンス、マッドマックス フュリオサ 、Furiosa: A Mad Max Saga、ジョージ・ミラー、アニャ・テイラー=ジョイ、クリス・ヘムズワース、トム・バーク、アリーラ・ブラウン、ラッキー・ヒューム、チャーリー・フレイザー、ジョン・ハワード、ネイサン・ジョーンズ、ジョシュ・ヘルマン、アンガス・サンプソン、エルサ・パタキー

大胆不敵!強靭なフュリオサの秘密が紐解かれる『マッドマックス フュリ...

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日16日(金)にオープン!、去る4月10日より長期休館に入ったBunkamuraル・シネマは6月16日(金)より、渋谷駅の目の前に立地する旧渋谷TOEI跡地に新たな映画館「Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下」をオープンする。、コンテクストを継承しつつ、新たな気配のする空間、より駅前に立地することの優位性、

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日1...