• VOID
ペドロ・アルモドヴァル監督作『パラレル・マザーズ』、ヴェニス映画祭では、別の作品でペネロペ・クルスは主演女優賞を受賞!、ペネロペ・クルスが人気映画監督に扮し、アントニオ・バンデラスがハリウッド・スターに扮して映画作りの舞台裏をウィットたっぷりに描く。そもそも映画は何のために作られるのか?映画作りをとことん風刺したブラックコメディ、映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画、ペネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス、オスカル・マルティネス、ホセ・ルイス・ゴメス、マノロ・ソロ、イレーネ・エスコラール、マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット、Official Competition、オフィシャル・コンペティション、

映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画『オフィシャル・コンペティ...

アンセル・エルゴート、マイルズ・テラー、アーロン・テイラー=ジョンソン、ハリー・スタイルズ、錚々たるメンツがエルヴィス役のオーディションを受けていた!、アメリカン・ドリームの象徴とも言えるスーパースター、エルヴィス・プレスリーのリアルな実像をバズ・ラーマン監督が鮮やかな映像とスピーディな映像美で描く!、キング・オブ・ロックの偽らざる真実、オースティン・バトラー、トム・ハンクス、オリヴィア・デヨング、デイカー・モンゴメリー、ナターシャ・バセット、ルーク・ブレイシー、デビッド・ウェナム、リチャード・ロクスバーグ、コディ・スミット=マクフィー、ケルヴィン・ハリソン・Jr 、バズ・ラーマン、エルヴィス、Elvis、エルヴィス・プレスリー、

キング・オブ・ロックの偽らざる真実『エルヴィス』

チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

ロマンティック・スリラー『ディシジョン・トゥ・リーヴ』

型破りな天才音楽家フランク・ザッパのドキュメンタリー『ZAPPA』

クローネンバーグとヴィゴのコラボは、通算5作目!、35年間、クローネンバーグ作品の衣装を担当してきた実姉で衣装デザイナー、デニース・クローネンバーグが2020年に他界したため、衣装担当も交代、撮影が名手ピーター・サシツキーから交代へ、謎の集団、国立臓器移植登録所、突然変異した内臓を大衆に見せるアヴァン・ギャルドなパフォーマンス・アート、ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグが8年ぶりに発表したのは、まるで初期の作品群と呼応するかのようなグロテスクな作品。突然変異した内臓を持つアーティストを軸に人類の進化の先に起こり得ることを観る者へと突き付ける!、ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎、ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート、ドン・マッケラー、スコット・スピードマン、タナヤ・ビーティ、デニース・カペザ、リヒ・コーノスキー、ナディア・リッツ、エフィー・キャントサ、デヴィッド・クローネンバーグ、Crimes of the Future、クライムズ・オブ・ザ・フューチャー、

ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎『クライムズ・...