アシスタント、ジ・アシスタント/The Assistant(原題)、リアル・ライフ・スリラー、Mee Too問題に発展した事件をモデル、女性のジェンダー、人権、働き方、映画界で大物製作者のアシスタント、ハーヴェイ・ワインスタイン、キティ・グリーン、ジュリア・ガーナー、マシュー・マクファディン、ジョン・オルシーニ、ダグマーラ・ドミンスク、アレクサンダー・チャップリン、ブレッヒェ・ハイネン、クララ・ウォン、ジュリアーナ・キャンフィールド、クリスティン・フロセス、パトリック・ブリーン

リアル・ライフ・スリラー『アシスタント』

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』、旧ソ連に侵攻され、ナチス・ドイツに祖国を焼かれたフィンランド。 愛犬と旅する謎の老兵コルピがたまたま掘り当てた金塊。 だが、お宝の臭いを嗅ぎつけたナチスの戦車兵団に老兵はつけ狙われることに・・・。 ナチスに対抗する武器はツルハシ一本のみ、地雷原での勝ち目のない銃撃戦で撃たれようとも縛首になろうとも強靭な体力と知力でピンチを切り抜け死ぬことを拒否した謎の老兵の正体とは? CG少なめ、まるで往年のオールド・スクールの典型的なアクション映画を思い出させてくれる胸のすく傑作が世界一幸せな国と言われるフィンランドから生まれた。 老兵は、本当にツルハシ一本でナチス兵団を討てるのか?、コロナ禍が生んだアクション映画の傑作にはモデルとなったフィンランド兵士がいた!、シモ・ヘイ、シッチェス・カタロニア国際映画祭:主演男優賞・ヨルマ・トンミラ、撮影賞・クジェル・ラーゲルース、作品賞(オフィシャル・ファンタスティック・コンペティション)、オリジナル楽曲賞・ジュリー・セップ、トゥオーマス・ワイノーラ、SISU シス 不死身の男、ヤルマリ・ヘランダー、ヨルマ・トンミラ、アクセル・ヘニー、ジャック・ドゥーラン、ミモザ・ウィラモ、オンニ・トンミラ、アルトゥ・カプライネン、セヴィリ・サーリネン

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史、5月に発売されるコンピレーション・アルバム、TRAVESÍA RYUICHI SAKAMOTO CURATED BY IÑÁRRITU。 映画『バベル』(2006年)への坂本の楽曲提供に始まり、オスカー3冠に輝く『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015年)でのオリジナル・サウンドトラック製作、等、その音楽的才能に惚れ込み、親しく交流を続けてきた世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 このアルバムは音楽家・坂本龍一の生涯の道筋をまるで旅をするが如くにイニャリトゥ監督がセレクトした楽曲で構成された特別なコンピレーション。 全1000曲の坂本の様々な音源を半年かけて、イニャリトゥ監督が聴き、セレクトしているという。、優雅で感動的な静寂があるミニマリスト、音楽家・坂本龍一の生涯を鳥瞰する旅 "TRAVESÍA"、

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史

現代が生んだピカレスク・ロマン『ソルトバーン』、『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020年)のエメラルド・フェネルによる脚本・監督最新作! 『嵐が丘』(1939年)のような土地の名をタイトルに冠し、近年の『パラサイト 半地下の家族』(2019年)やアラン・ドロンの名作『太陽がいっぱい』(1960年)、 またふらりと現れた料理人が一族を籠絡して屋敷を乗っ取る『すべての人のもの』(1970年・日本未公開)を想起させる作品コンセプトを フェネルのイギリスでの学生時代の思い出からハイソサエティの家族を破壊する一人の孤独な男の物語として書かれたシニカルでブラックなクライム・ストーリー。、実際に存在する由緒あるカントリー・ハウスで撮影された本作、舞台となるソルトバーンは、イギリス、ノーサンプシャーにある古色豊かなカントリー・ハウス、ドレイトン・ハウスを撮影場所に使用している。、見事な回廊は迷路デザインの世界的な第一人者であるエイドリアン・フィッシャーによって作られている。、目を見張る演技を見せたバリー・コーガン、ソルトバーン、Saltburn、エメラルド・フェネル、バリー・コーガン、ジェイコブ・エロルディ、ロザムンド・パイク、リチャード・E・グラント、アリソン・オリバー、キャリー・マリガン、アーチー・マデクウィ、セイディー・ソーヴラル、ポール・リス、ユアン・ミッチェル、Amazon、

現代が生んだピカレスク・ロマン『ソルトバーン』

aftersun アフターサン、アフターサン、Aftersun、イギリス、シャーロット・ウェルズ、ポール・メスカル、フランキー・コリオ、セリア・ロールソン・ホール、サリー・メッシャム、第95回アカデミー賞・ノミネート:主演男優賞、胸に突き刺さる父と娘のひと夏の思い出、近年のイギリス映画の最大の才能の発見!と言われている女性監督シャーロット・ウェルズの自伝的作品。 初監督作にしてマスターピースを作ったと多くの批評家から絶賛されているストーリーはひと夏の父と娘のたわいもない思い出話。 流れるような映像の中に落ちている真実のかけらが繋ぎ合わさってゆく今までにない新世代の映像作品。、トルコ南西部の小さなビーチリゾート、オルデニズ、批評家が大絶賛した今までになかった映画のスタイル、本番まで周到に演出プランを準備した監督シャーロット・ウェルズ、

胸に突き刺さる父と娘のひと夏の思い出『aftersun アフターサン』