クレッガー監督の友人ジョーダン・ピールからの影響が色濃い予想を覆す展開のストーリー、Airbnbの文字を並べ替えたかのようなタイトル"Barbarian"、どこにでもあるごく普通の質素で可愛らしい家系の民泊に宿泊したことから予想もつかないおぞましい恐怖が待ち受ける超感覚派民泊ホラー、絶対!泊まってはいけない民泊ホラー、ジョージナ・キャンベル、ビル・スカルスガルド、ジャスティン・ロング、マシュー・パトリック・デイビス、リチャード・ブレイク、ジェームズ・バトラー、ケイト・ボスワース、サラ・パクストン、カート・ブローノーラー、ソフィー・ソレンセン、J・R・エスポジト、ザック・クレッガー、バーバリアン、Barbarian、

絶対!泊まってはいけない民泊ホラー『バーバリアン/Barbarian(原題)』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、UNIMED(地中海大学学生連盟)賞、22分間短くしたショートバージョンのリリースを発表、20年ぶりに故郷メキシコでのオールロケ作品となった、歴代の有名監督が作ってきたような監督自身を投影させた映画についての内省的な物語、ハリウッドで成功を収めてきたメキシコ出身のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト監督が溢れかえる映画愛を披露する幻視的なメキシカン映像作家クロニクル、イニャリト監督 の映画愛が溢れ出す、Netflix、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ、ジミーナ・ラマドリッド、ヒューゴ・アルボォレス、アンドレス・アルメイダ、マール・カラーラ、ロブ・カヴァゾス、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、Bardo、バルド、偽りの記録と一握りの真実、

イニャリトゥ監督 の映画愛が溢れ出す『バルド、偽りの記録と一握りの真実』

ベネデッタ、Benedetta、ポール・ヴァーホーベン、ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、オリヴィエ・ラブルダン、奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯、バイオレントでセクシュアルな演出に長けたオランダのポール・ヴァーホーベン監督最新作!イタリア、トスカーナに実在したカトリックの修道女ベネデッタ・カルリーニが起こした奇跡とインモラルな愛と波乱に満ちた人生を描く衝撃的作品。、原作は「ルネサンス修道女物語ー聖と性のミクロストリア」、「メディチ家雑録」に遺された裁判記録をもとに再構成された修道女ベネデッタ・カルリーニの生涯を描いた物語。、カンヌ映画祭では物議をかもした作品、「史実を基にした原作から映画を作って、何故?冒涜的というレッテルを貼られなければならないのだ⁉ あまりにも馬鹿げている」と一蹴する場面もあった、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作

奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯『ベネデッタ』

MEN 同じ顔の男たち、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『MEN 同じ顔の男たち』

セラが目指した世界観は、往年の陰謀系ポリティカル・スリラー映画の衣を羽織った別モノの何か、21世紀の前衛と称されるスペイン、カタルーニャ出身の異才アルベルト・セラ監督。様々なアートフォームで表現活動をし、既存の物語のレールを奇想天外な着想で易々と踏み外し続けてきた彼の最新作は、犯罪映画を匂わせる映像形式で描く開放的で楽園のような南の島の男の愛と妄想にフランス政府による核実験を差し込んでくる大胆で途方も無い陰謀系トロピカル・スリラー、トロピカルの熱気に魘される陰謀系ポリティカル・スリラー、東京国際映画祭2022、ブノワ・マジメル、パホア・マハガファナウ、マルク・スジーニ、セルゲイ・ロペス、アルベルト・セラ、パシフィクション、Pacifiction、

トロピカルの熱気に魘される陰謀系ポリティカル・スリラー『パシフィクシ...