バイクに跨った狂気のアーバン・ロデオ『Rodeo ロデオ』、バイクを偏愛するアウトロー、ジュリアが男ばかりの反社会的なバイカーの組織「クロスビトゥーム」に仲間入りしたことから巻き起こる波乱。 監督はジェンダー・ニュートラルの時代に現れた既存のフランス映画界の常識を一掃した感のある新時代を代表するローラ・キヴォロン。 インスタグラムから見出されたインフルエンシャルなアウトロー・ライダーだが、演技未経験のジェリー・ルドリューの何をやらかすか分からない暴発性の疾走感ある破壊の天使っぷりに圧倒される。、ほぼ素人だけで構成された役者陣によるドキュメンタリー・チックな作風、、第75回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・Jury Coup de Coeur(一目ぼれ賞)受賞・ローラ・キヴォロン、Rodeo ロデオ、ローラ・キヴォロン、ジェリー・ルドリュー、ヤニス・ラフキ、アントニア・ブレジ、コーディ・シュローダー、ルイ・ソットン、ジュニア・コレイア、アハメッド・ハムディ、ダブ・ンサマン、ムスタフ・ディアンカ、モハメド・ベッタアール、クリス・マコディ、ジャンニ・カイラ、クエンティン・アリジ、ブリジ・ストラエイリ、セバスティアン・シュローダー 、

バイクに跨った狂気のアーバン・ロデオ『Rodeo ロデオ』

ステイサムが超弩級サイズの古代サメと戦うパニック・アクションの続編『MEG ザ・モンスターズ2』、古代の時代に地球上に存在した巨大なサメ、メガロドンが人間に襲いかかるパニック・アクション映画『MEG ザ・モンスター』の続編。 実際にイギリスの代表チームに所属する水泳の高飛び込み選手だったジェイソン・ステイサムが決死の覚悟でサメと闘う潜水レスキューのプロダイバー役を演じ、映画は大ヒット!第一級の海洋パニック映画に育て上げた。 続編では、深海から出現するMEGの群れや巨大生物とのスケールアップした激闘が繰り広げられる。、前作『MEG ザ・モンスター』(2018年)の4年後という時代設定、スティーブ・オルテン、開発地獄、Meg 2: The Trench、ベン・ウィートリー、ジェイソン・ステイサム、シエンナ・ギロリー、クリフ・カーティス、スカイラー・サミュエルズ、ソフィア・ツァイ、ウー・ジン、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、メリッサンティ・マハウト、ペイジ・ケネディ、ロン・スムーレンバーグ、

ステイサムが超弩級サイズの古代サメと戦うパニック・アクションの続編『M...

フェラーリを公道でカモれる車を作った男『ランボルギーニ、伝説を継ぐ男』、戦後、高性能なトラクターの製造販売で巨万の富を得た機械いじりの好きな情熱の塊のような男フェルッチオ・ランボルギーニ。 フェルッチオは車収集趣味が高じて、購入した車の不満を感じたメカのチューンアップを自ら始める。 次第に自らの手による唯一無二の高級エキゾチック・カーの製造販売という大きな夢を実現してゆくことになる。 周囲からは驚きの目で見られ、農機具でも作ってろ!とすでに世界的な名車となっていたフェラーリにバカにされながらもその負けず嫌いな性格から世界の車の歴史に残るアヴァンギャルドな名スーパーカー・ブランド、ランボルギーニが誕生してゆく。、イタリア。、フェルッチオ・ランボルギーニ、アウトモービリ・ランボルギーニ、打倒フェラーリを掲げ、ミウラ、イスレロ、エスパーダやハラマといった数々のアバンギャルドなスーパーカーの製造販売に本格的に乗り出してゆく、未来に続く名車ランボルギーニの歴史、フェルッチオ自身のその後は、ルーツである農業への回帰を決め、旅の途中で気に入ったウンブリア州の土地を手にいれ、そこでワイナリー、テヌータ・ランボルギーニの経営と薔薇の栽培を始める、カプリ・ハリウッド国際映画祭:カプリ・イタリア系アメリカ人俳優賞・フランク・グリロ、ランボルギーニ、伝説を継ぐ男、Lamborghini: The Man Behind the Legend、ボビー・モレスコ、フランク・グリロ、ミラ・ソルヴィノ、ガブリエル・バーン、エリアナ・ジョーンズ、パトリック・ブレナン、トンマーゾ・バシリ、ジョルジョ・カンタリニ、フランチェスカ・ティザノ、フランチェスカ・デ・マルティーニ 、ロマーノ・レジアニ、

フェラーリを公道でカモれる車を作った男『ランボルギーニ、伝説を継ぐ男』

デヴィッド・フィンチャーによるノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『ザ・キラー』、フランスの傑作グラフィック・ノベル「The Killer」をこだわりの映画監督デヴィッド・フィンチャーがその世界観を完膚なきまでに完全映像化! 他に代わりがいないとされる程の腕前の殺し屋ながら致命的なミスにより精神的にも窮地に立たされた殺し屋を2019年の俳優生活休止からの復帰主演作となったマイケル・ファスベンダーが冷酷に演じる。 目が覚めるほどに冷静で鮮やかな落とし前の付け方の数々、これぞアクション・ノワール映画の真骨頂。、原作はニューヨークタイムズ紙で"この10年間のベスト・グラフィック・ノベルの一冊"と言われた傑作、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、エリック・メッサーシュミット、アクション・ノワール、ネットフリックス、ザ・キラー、The Killer、デヴィッド・フィンチャー、マイケル・ファスベンダー、モニーク・ガンダートン、ティルダ・スウィントン、ケリー・オマリー、アーリス・ハワード、チャールズ・パーネル、エミリアーノ・ペルニア、ソフィー・シャーロット、サラ・ベイカー、Netflix 、

デヴィッド・フィンチャー最新作!ノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『...

降霊会でふざけるとトンでもない結末が待っているモダン・ホラー『トーク・トゥ・ミー/Talk to Me(原題)』、過激なパロディ動画で人気を呼んだオーストラリアのYouTuber、フィリッポウ兄弟、初めての長編映画監督作は、サンダンス映画祭上映後、A24とユニバーサル映画の間で米配給権利の奪い合いになったほどのホットな話題の恐怖映画。 ミステリアスな剥製の手を使って、若者グループが半ば冗談で始めた降霊会。 ふざけてエスカレートしてゆく内にやがて血も凍るグロテスクな恐怖に襲われるモダン・ホラー。、過激なホラーテイストのコメディー動画で人気を呼ぶフィリッポウ兄弟、ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ、トーク・トゥ・ミー、Talk to Me、ソフィー・ワイルド、ジョー・バード、アレクサンドラ・ジェンセン、オーティス・ダンジ、ミランダ・オットー、マーカス・ジョンソン、アレクサンドリア・シュテッフェンゼン、ゾーイ・テラケス、クリス・アロシオ、アリ・マッカーシー、サニー・ジョンソン、

降霊会でふざけると、とんでもない結末が待っているモダン・ホラー『トー...