• ジェナ・オルテガ
感動的なスタンディング・オベーションは、7分間も続き、最後に歓喜のあまり、涙声のグレイ監督が「これは、私の物語です。先週の土曜日に完成したばかりで、本編を観るのは、会場の皆さんが世界で初めてとなります。みんな、ありがとう!、ジェームズ・グレイ監督の少年時代の回想録、ジェームズ・グレイ監督の出身地、ニューヨーク、クイーンズ地区、ヤッピー世代が跋扈する80年代の家族のそれぞれの心模様を描く成長物語、80年代のNYのアメリカ人家族の心打つ成長物語、アン・ハサウェイ、アンソニー・ホプキンス、ジェレミー・ストロング、ジェシカ・チャステイン、バンクス・レペッタ、ジェイリン・ウェッブ、ジェームズ・グレイ、アルマゲドン・タイム、Armageddon Time、

80年代NYのアメリカ人家族の心打つ成長物語『アルマゲドン・タイム』

良識と民主主義、そして平和共存を求めた人、エクトル・アバド・ゴメス 本作の原作は、エクトル・アバド・ゴメス博士を父に持つエクトル・アバド・ファシオリンセが父、ゴメス博士の波乱万丈の生涯を息子の視点から綴った回想録で世界的ベストセラー小説となった「父の思い出/El olvido que seremos(原題)」 、1970年代、麻薬カルテルが台頭するコロンビアの「メデジン」、 自由を声高に謳う、医師である父の波乱の人生をその息子が見つめ続けた感動の物語、真の自由を求め続けた父の波乱の生涯、ハビエル・カマラ、ニコラス・レイズ・カノ、フアン・パブロ・ウレゴ、パトリシア・タマヨ、マリア・テレサ・バレート、ラウラ・ロンド―ニョ、エリザベス・ミノッタ、カミ・セア、ルシアナ・エチェベリ、カミラ・サラテ、ウィット・スティルマ、フェルナンド・トルエバ、Memories of My Father、あなたと過ごした日に、

真の自由を求め続けた父の波乱の生涯『あなたと過ごした日に』

ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』

ペドロ・アルモドヴァル監督作『パラレル・マザーズ』、ヴェニス映画祭では、別の作品でペネロペ・クルスは主演女優賞を受賞!、ペネロペ・クルスが人気映画監督に扮し、アントニオ・バンデラスがハリウッド・スターに扮して映画作りの舞台裏をウィットたっぷりに描く。そもそも映画は何のために作られるのか?映画作りをとことん風刺したブラックコメディ、映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画、ペネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス、オスカル・マルティネス、ホセ・ルイス・ゴメス、マノロ・ソロ、イレーネ・エスコラール、マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット、Official Competition、オフィシャル・コンペティション、

映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画『オフィシャル・コンペティ...

フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...