• ナチス・ドイツ
シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日16日(金)にオープン!、去る4月10日より長期休館に入ったBunkamuraル・シネマは6月16日(金)より、渋谷駅の目の前に立地する旧渋谷TOEI跡地に新たな映画館「Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下」をオープンする。、コンテクストを継承しつつ、新たな気配のする空間、より駅前に立地することの優位性、

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日1...

エコロジカルなモダン・フェイブル『悪は存在しない』、『ドライブ・マイ・カー』(2021年)で濱口竜介監督とタッグを組んだ音楽家、石橋英子のライヴ演奏時の映像として、企画・撮影された映像作品『GIFT』から派生した映画が本作となる。 『悪は存在しない』は映画の作法で撮影され一本の映画が仕上げられ、同じ撮影フッテージから抽出して石橋英子のライヴのための映像作品『GIFT』が作られた。 大概の映像作家が抜け出すことができなくなる規定の映画ジャンルという呪縛をかわすかのように、もしかするとジャンルの網羅を制覇するかの如く本作は過去の濱口作品とも一味違う。 東京芸術大学大学院映像研究課で師事した黒沢清監督の中期の作風を思い起こす静けさの中にスリルを感じさせるエコロジカルな寓話は早くも世界で評価を得て、第80回ヴェネチア国際映画祭においては5賞に輝くというなかなか真似のできない快挙を成し遂げている。 審査員大賞となった銀獅子賞以外にも批評家連盟賞、そして、ミラノのフィルム・アーカイヴが主催する賞など、付随賞を3賞も受賞しているのだ。 この渡しすぎなほどのお土産を託された作品への評価と作家への絶大なる期待は、エマ・ストーン主演のギリシャの鬼才ランティモスの新作には敗れたが、つまり大賞に当たる金獅子を獲ってもおかしくはないほどの熱狂をもって現地で迎えられたいう証左なのではないのだろうか。、スタッフとキャストの垣根のない撮影現場のダイバーシティ、第80回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作(全5賞受賞)、銀獅子賞(審査員大賞)、国際批評家連盟賞、ミラノ・シネテカ・イタリアーナ・特別表彰授与、ファイ・ファウンデーション・コラテラル賞、学生審査員賞 2023年ロンドン映画祭:コンペティション部門・作品賞、Evil Does Not Exist、悪は存在しない、濱口 竜介、大美賀均、西川玲、小坂竜士、渋谷采郁、菊池葉月、三浦博之、NEOPA / Fictive、2024年 GW公開

エコロジカルなモダン・フェイブル『悪は存在しない』

ハロウウィン、halloween、ロック画面、ホーム画面、プレゼント

2023年 ハロウィーン VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

Xmas、クリスマス、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、chirstmas、wallpaper、壁紙、merrychirstmas,cat,present,void,blackcat、黒猫、ネコ、猫、Neko、2023年

2023年 クリスマス VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』、14歳の時に運命的に出会い、最愛の妻となったプリシラから見たロックン・ロールのキングであり、アメリカの伝説、エルヴィス・プレスリーの語られざる真の姿をソフィア・コッポラがスリリングに描き出す。、父親の『地獄の黙示録』ほどの悲惨な地獄を見たわけではないが、ソフィアにとって苦労の多かった本作の製作、回想録的な自伝本「私のエルヴィス」が原作となっている。、『エルビス&ミー』(1988年)として、過去にTV映画として製作・放送され、この年の最も視聴率を稼いだ作品として記憶されている。、彼女の夫であるフレンチ・ポップバンド、フェニックスのフロントマン、トーマス・マーズの音楽的才能を借りることになり難を逃れることになる、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(2017年)、『オン・ザ・ロック』(2020年)の劇伴も担当してきたトーマス・マーズとフェニックスにより、コンテンポラリーな楽曲、そして映画が描かれた同時代の音楽をカバーするといった手法で切り抜け、逆に創意工夫に富む着想豊かでいかにもソフィアの作品らしいオリジナル・サウンド・トラックが生まれた。、第80回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品・主演女優賞・ケイリー・スピーニー、プリシラ、Priscilla、ソフィア・コッポラ、ケイリー・スピーニー、ジェイコブ・エロルディ、アリ・コーエン、ダグマーラ・ドミンスク、ティム・ポスト、A24、

プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』