• ユーモア
プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』、14歳の時に運命的に出会い、最愛の妻となったプリシラから見たロックン・ロールのキングであり、アメリカの伝説、エルヴィス・プレスリーの語られざる真の姿をソフィア・コッポラがスリリングに描き出す。、父親の『地獄の黙示録』ほどの悲惨な地獄を見たわけではないが、ソフィアにとって苦労の多かった本作の製作、回想録的な自伝本「私のエルヴィス」が原作となっている。、『エルビス&ミー』(1988年)として、過去にTV映画として製作・放送され、この年の最も視聴率を稼いだ作品として記憶されている。、彼女の夫であるフレンチ・ポップバンド、フェニックスのフロントマン、トーマス・マーズの音楽的才能を借りることになり難を逃れることになる、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(2017年)、『オン・ザ・ロック』(2020年)の劇伴も担当してきたトーマス・マーズとフェニックスにより、コンテンポラリーな楽曲、そして映画が描かれた同時代の音楽をカバーするといった手法で切り抜け、逆に創意工夫に富む着想豊かでいかにもソフィアの作品らしいオリジナル・サウンド・トラックが生まれた。、第80回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品・主演女優賞・ケイリー・スピーニー、プリシラ、Priscilla、ソフィア・コッポラ、ケイリー・スピーニー、ジェイコブ・エロルディ、アリ・コーエン、ダグマーラ・ドミンスク、ティム・ポスト、A24、

プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...

マッシブ・タレント、The Unbearable Weight of Massive Talent、トム・ゴーミカン、ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、ティファニー・ハディッシュ、シャロン・ホーガン、パコ・レオン 、ニール・パトリック・ハリス、リリー・モー・シーン、アレッサンドラ・マストロナルディ、ジェイコブ・スキピオ、カトリン・ヴァニュコヴァ、デミ・ムーア、アンナ・マクドナルド、『マッシブ・タレント』の前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演作3本!、運に見放されたニコラス・ケイジが100万ドルのカネ欲しさに向かった先は、スペインの大富豪のお屋敷。 だがニックの大ファンを自称する大富豪は、実は犯罪組織の大ボスだったから、さぁ、大変! 面倒なことには巻き込まれたくないニックだったが、マブダチとなった大ボスとまるでバディものアクション映画のような地獄の展開に・・・。 あっと驚くスターのカメオ出演も用意されているニック節全開の超痛快アクション・コメディ。 劇中、ニック自らオマージュを捧げている過去の輝かしい代表作を知れば本作『マッシブ・タレント』をマシマシで楽しめるのは間違いない!、落ち目になっても25億円もの財産があったニック、だがその特異な浪費癖から金欠となっていく、ニコラス・キム・コッポラ、『ワイルド・アット・ハート』、『フェイス/オフ』、『60セカンズ』、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2018年)『カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-』(2020年)『PIG/ピッグ』(2021年)『ウィリーズ・ワンダーランド』(2021年)、『赤ちゃん泥棒』(1987年)や『ハネムーン・イン・ベガス』(1992年)、

『マッシブ・タレント』を観る前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演...

暗黒時代のチリの植民地から命がけで逃げ出してきた女性を描いたストップ・モーション・アニメの狂乱すべき傑作『オオカミの家』、ピノチェト独裁政権下のチリ。 旧ナチス・ドイツの流れを汲むカルトなドイツ系移民のコロニーから脱出してきた女性マリアと彼女を追う謎の狼。、子供に対する性的虐待でドイツを追われた旧ナチスのキリスト教の指導者を中心に作られた、狂信的なドイツ系移民のコロニーであるコロニア・ディグニタ。、現代アートとして世界各国を巡回展示しながらの作品制作、恐怖の地、コロニア・ディグニタはすでに映画化されている、

暗黒時代のチリの植民地から命がけで逃げ出してきた女性を描いたストップ...

エスター ファースト・キル、ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...