• SF
64年間作られている着せ替え人形の元祖『バービー』の大冒険!、アメリカ製の着せ替え人形の元祖、バービー・ドール。 その歴史は64年前に始まった。 本作は『レディ・バード』、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のグレタ・ガーウィグ監督による大胆な実写映像化。 完璧だったはずのバービーたちが暮らすバービーランドでの異変をきっかけに人間の世界へと旅立つことになるバービー(マーゴット・ロビー)とケン(ライアン・ゴズリング)のファンタスティックな大冒険を描く。、マーゴット・ロビーにとって、ドリーム・カムズ・トゥルーとなった実写映画化、バービー、Barbie、グレタ・ガーウィグ、マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング、ハリ・ネフ、アリアナ・グリーンブラット、キャロライン・ワイルド、ジョン・シナ、デュア・リパ、エマ・マッキー、ウィル・フェレル、マイケル・セラ、ニコラ・コクラン、シム・リウ、ケイト・マッキノン、イッサ・レイ、エメラルド・フェネル、ヘレン・ミレン(ナレーション)、

64年間作られている着せ替え人形の元祖『バービー』の大冒険!

第二次世界大戦後のドイツ、男性同性愛を禁ずる法律が公然と施行されていた時代。 痛みを知る者は、なぜこんなにもやさしいのか。 「刑法175条」男性同性愛を処罰の対象とする法によって何度も投獄されながらも屈することなく生き続ける男と、内に秘めた痛みを抱えながら刑務所での日々を過ごすかつて殺人を犯した男。 共通点などないかのようなふたりを繋いだのは、絶望を知るが故の限りないやさしさだった。、愛する自由を求め続けた男の20年『大いなる自由』、Great Freedom、大いなる自由、セバスティアン・マイゼ、フランツ・ロゴフスキ、ゲオルク・フリードリヒ、第二次世界大戦後のドイツ、男性同性愛を禁ずる法律が公然と施行されていた時代。 愛する自由を求め続けた男の20年以上にわたる物語。、男性同性愛を禁じた刑法175条、西ドイツでは1969年に21歳以上の男性同性愛は非犯罪化され、1994年にようやく撤廃された。約120年間に14万もの人が処罰された、第74回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・審査員賞、第74回カンヌ国際映画祭:クィア・パルム賞、

愛する自由を求め続けた男の20余年に渡る物語『大いなる自由』

短命すぎたカナダ製元祖スマートフォン、その栄枯盛衰の舞台裏『ブラックベリー』、破竹の勢いで開発され誕生し、オバマ元大統領にも熱く支持されたカナダ製元祖スマートフォン「ブラックベリー」。 一旦はトップシェアを誇るが後にiPhoneの衝撃的なデビューにより、古くさいガジェットと成り果て、急速に需要は冷え込んでゆく。 流星の如く現れ、いち早く時代を先行したデバイスの驚愕の歴史を事実を元に描いたブラック・コメディ。、リサーチ・イン・モーション社の創設者マイク・ラザリディス(ジェイ・バルチェル)は親友のダグラス・フレギン、胡散臭い企業家のジム・バルシリー、その後のリサーチ・イン・モーション社、第73回ベルリン国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、BlackBerry、マット・ジョンソン、ジェイ・バルチェル、グレン・ハワートン、マット・ジョンソン、ケリー・ファン・デル・バーグ、グレゴリー・アンブローズ・コルダロン、ローラ・シレヴィッツ、マーティン・ドノヴァン、ケイリー・エルウィス、マイケル・アイアンサイド、カナダ

短命すぎたカナダ製元祖スマートフォン、その栄枯盛衰の舞台裏『ブラック...

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第17作目の映画となる本作。 どこにでもいる平凡なヒスパニック系ティーンエイジャーのジェイミー(ショロ・マリデュエニャ)。 彼はひょんなことから手にしたエイリアン・テクノロジーで作られた甲虫型のA.I.兵器スカラベと脊髄を通して一体化し、強靭な装甲外骨格を持つブルービートルに変貌する。 ジェイミーを新しい守護者に選んだ究極の戦闘兵器スカラベは、彼が想像したありとあらゆる武器を瞬時に生み出すことができる。 その戦闘能力のレベルは地球壊滅規模。 ジェイミーとスカラベの秘密を知る家族、友人に支えられながら陽気なグルーヴ感で繰り広げられる史上初のラテン系スーパーヒーローがついに爆誕した!、今後、要注目のブラジルの国民的女優ブルーナ・マルケジーニ、ブルービートル、Blue Beetle、アンヘル・マヌエル・ソト、ショロ・マリデュエニャ、ブルーナ・マルケジーニ、スーザン・サランドン、ハーヴィー・ギレン、ラオール・トゥルヒロ、エルピディア・カリロ、ジョージ・ロペス、アドリアナ・バラッザ、ベリッサ・エスコベド、ブリジェット・ミッチェル・ベントレー、ベッキー・G(声)、

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』

決死のジャーナリズムが世界情勢に疑問を投げかける『シヴィル・ウォー/Civil War』、SFジャンルで活躍してきた脚本家であり、映画監督のアレックス・ガーランドの最新作は、近未来のアメリカをバラバラに分断する内戦をジャーナリストの一行が決死の覚悟で捉えてゆくディストピア近未来SF。 現実にアメリカ国内で起こりうるストーリーだけに虚実ないまぜの設定とストーリー展開に単なるリアリティ溢れるエンタメという範疇を遥かに超えた社会的なアラートを発している、"西連合"(West Alliance=WA(略称))、大統領への単独インタビュー取材、"フロリダ連合"、"ニューピープルズ・アーミー"、"ロイアリスト・ステーツ"、禁断のアメリカ内戦の凄惨な姿をロード・ムーヴィーで描くエピック、アレックス・ガーランド、シビル・ウォー、Civil War、キルスティン・ダンスト、ヴァグネル・モウラ、ケイリー・スピーニー、スティーヴン・ヘンダーソン、ジェシー・プレモンス、ソノヤ・ミズノ、ニック・オファーマン、ジェファーソン・ホワイト、フアニ・フェリス、ネルソン・リー、エドモンド・ドナヴァン、カール・グルスマン、ジン・ハ、ジョニカ・T・ギブス、ジェス・マトニー、A24

決死のジャーナリズムが世界情勢に疑問を投げかける『シヴィル・ウォー/Ci...