• コンペティション部門正式出品作
聖なる呼び声に導かれる青年の孤独で静謐なバイク旅『黄色い繭の殻の中』、カンヌ映画祭・監督週間でベトナム人監督としてトラン・アン・ユン以来、実に30年ぶりに新人監督賞を受賞した新鋭ファム・ティエン・アンの長編作品。 コンペテション部門で上映された東京フィルメックスでは、大賞に当たる最優秀作品賞を受賞。 その特徴は様々な世界の名匠の作風を想起させる美しい長回し撮影。 青年の彷徨い続ける魂を乗せた長閑なバイク旅は美しい風景と花鳥風月になぞられ、過去と現在が入れ替わりながら混沌を極めてゆく。 ファム監督は誰もが心の底に持つ"聖なる呼び声"により導かれる青年を通し、観客それぞれがその答えを出して欲しいと訴えかける。、旅の途中で出会う様々な生き物たちに込められた想い、内なる声に従って長閑なベトナムの田舎を彷徨ったある孤独な青年のバイク旅、いくつかある生き物が現れるシーンの中でも特に義理姉の葬儀のシーンに現れる蝶や蚕が成虫となり羽ばたいている様など特別な意味を込めています。今後も機会があれば、生き物がスクリーンに登場する演出をしていきたいと思います。、30年前に『青いパパイヤの香り』で鮮烈にデビューし、カンヌ国際映画祭の新人監督の登竜門である監督週間にて新人監督賞に値するゴールデン・カメラ賞を受賞し、その後、世界的な映画監督へと成長したトラン・アン・ユンに次ぐベトナム人監督、第76回カンヌ国際映画祭:監督週間正式出品作・カメラ・ドール受賞、2023年東京フィルメックス:コンペティション部門正式上映作品・最優秀作品賞、Inside the Yellow Cocoon Shell、ファム・ティエン・アン、レ・フォン・ヴー、グエン・ティ・トルック・クイン、グエン・ティン、ヴー・ヌク・マン、

聖なる呼び声に導かれる青年の孤独で静謐なバイク旅『黄色い繭の殻の中』

コット、はじまりの夏、ザ・クワイエット・ガール、The Quiet Girl、アイルランド、コルム・バイレッド、キャサリン・クリンチ、キャリー・クロウリー、アンドリュー・ベネット、マイケル・パトリック、ケイト・ニック・クォナノォ 、涙を誘うピュアな少女の成長記、ほとんどの国民が保守的なカソリック教徒ゆえ、離婚も中絶もできなかった1980年代のアイルランドが舞台。 無計画に出産を続ける家庭のため、まるで托卵のように遠縁の家庭で育てられることになる物静かな少女の日々を見守る心温まる成長物語。、中絶が禁止されていたアイルランドが舞台、アイルランド語映画初のオスカー・ノミネート、第95回アカデミー賞・ノミネート:国際長編映画賞

涙を誘うピュアな少女の成長記『コット、はじまりの夏』

全ては命の恩人のため、地獄の戦場での決死の救出劇!『コヴェナント』、ガイ・リッチー監督✖️ジェイク・ギレンホールによる真に迫る戦場アクション・スリラー タリバン勢力による度重なる自爆テロ、待ち伏せ奇襲攻撃により翻弄された米軍のアフガニスタンでの軍事作戦。 奇襲攻撃に遭い殲滅させられた部隊でたった一人、生き残った曹長のジョンと共に遁走しながら彼の命を救ってくれたのは現地人通訳のアハメッドだった。 無事、祖国アメリカへと帰還したが、アフガンに残され、危険に晒され続けているアハメッドとその家族の安否を気遣うジョン。 彼らの救出のため再び地獄の戦場へと向かう兵士ジョンの勇気ある行動の軌跡を緊迫感溢れた映像で描く感動巨編。、Guy Ritchie's The Covenant、ガイ・リッチー、ジェイク・ギレンホール、ダール・サリム、シーン・サーガル、リース・イエーツ、クリスチャン・オコーラ・ラヴァニーア、ボビー・スコフィールド、エミリー・ビーチャム、ジョニー・リー・ミラー、アレクサンダー・ルドウィグ、レザ・ダイアコ、ジェームズ・ネルソン・ジョイス、ゲイリー・アンソニー・ステネット、アントニー・スター、

全ては命の恩人のため、地獄の戦場での決死の救出劇!『コヴェナント』

猫たらしな男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』、インフルエンサーをしながら俳優業に磨きをかけているネイサン、エンジニアとして生計を立てるジェフ、路上生活者のデイビッド、愛猫に"炎"と名付けた消防士のジョーダン。 猫たちとの生活に幸せを見つけた様々なライフスタイルの男たち。 生活が一変したコロナ禍を愛猫と乗り越えながら、相棒であり、家族でもある猫と人間の愛情物語を切り取った猫好き必見の心温まるドキュメンタリー。、マイ・ホン、ネイサン・ケーン、デビッド・ジョバンニ、ライアン・ロバートソン、猫、ネコ、cat

猫に恋した男たちの愛猫物語『猫と、とうさん』

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』、ヒッチコックが映画化したダフネ・デュ モーリアの不朽の名作『レベッカ』からインスパイアされて書かれた俊英オテッサ ・モシュフェグによる小説『アイリーンはもういない』を完全映画化。 黒い感情を抑え込み、物静かに生活しようと努める孤独な一人の女性アイリーンが魅力的な女性レベッカと出逢うことで始まるそれまでの鬱屈とした人生の終わりと新たな人生の始まりまでの1週間を劇的に描くサスペンス・スリラー。、サスペンス・スリラーの新女王トーマシン・マッケンジー、PEN/ヘミングウェイ賞を受賞し、更にブッカー賞、全米批評家協会賞、英国推理作家協会ジョン・クリーシー・ダガー賞の最終候補にノミネートされている。、2018年にオテッサが発表した小説「My Year of Rest and Relaxation」は2001年同時多発テロを時代背景に一人の裕福な家庭に育った一人の美しい女性が突然仕事を辞め、冬眠と称してニューヨークの自宅に引き篭もりひたすら眠り続ける姿を描き、予告編で使われているロールシャッハ風の画面処理など、様々なパーツがスリリングであり、その極上の心理サスペンス風味にとてもそそられる仕上がり、Eileen、ウィリアム・オルドロイド、トーマシン・マッケンジー、アン・ハサウェイ、シェー・ウィガム、サム・ニボラ、シオバン・ファロン、トニー・パタノ、ウィリアム・ヒル

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』