• ラキース・スタンフィールド
これは悪夢か、正夢か? シュールなファンタスティック・コメディ『ドリーム・シナリオ』、もしも他人の夢に自分が登場したら? ニコラス・ケイジが演じるごく平凡な生物学教授がある日突然、数えきれないほどの見知らぬ人々の夢の中に登場する夢男となる悲喜劇。 シェアすることで人が繋がってゆくSNS全盛の現代社会を揶揄するメタファーかのようなあまりにもシュールでオカルトチックなコメディ 夢で会ったことで親近感が湧き、あっという間に超有名人となり、本人が望んでもいない想像を絶する大スターとなってしまった男がその果てで思い知ることとは・・・?、奇想天外なストーリーの元ネタは実際の出来事、120本近くの出演作を誇るニコラス・ケイジにとってのマイ・ベスト・ムービー

これは悪夢か、正夢か? シュールなファンタスティック・コメディ『ドリー...

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第17作目の映画となる本作。 どこにでもいる平凡なヒスパニック系ティーンエイジャーのジェイミー(ショロ・マリデュエニャ)。 彼はひょんなことから手にしたエイリアン・テクノロジーで作られた甲虫型のA.I.兵器スカラベと脊髄を通して一体化し、強靭な装甲外骨格を持つブルービートルに変貌する。 ジェイミーを新しい守護者に選んだ究極の戦闘兵器スカラベは、彼が想像したありとあらゆる武器を瞬時に生み出すことができる。 その戦闘能力のレベルは地球壊滅規模。 ジェイミーとスカラベの秘密を知る家族、友人に支えられながら陽気なグルーヴ感で繰り広げられる史上初のラテン系スーパーヒーローがついに爆誕した!、今後、要注目のブラジルの国民的女優ブルーナ・マルケジーニ、ブルービートル、Blue Beetle、アンヘル・マヌエル・ソト、ショロ・マリデュエニャ、ブルーナ・マルケジーニ、スーザン・サランドン、ハーヴィー・ギレン、ラオール・トゥルヒロ、エルピディア・カリロ、ジョージ・ロペス、アドリアナ・バラッザ、ベリッサ・エスコベド、ブリジェット・ミッチェル・ベントレー、ベッキー・G(声)、

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』

恐怖と笑いのノンストップ・アトラクション・ムービー『ホーンテッドマンション』。、ディズニーの人気アトラクション、ホーンテッドマンションが実写映像化! 999人の幽霊が住む“呪われた館”に住むことになった親子の悲喜劇。 4人全員がクセ者揃いの心霊現象の専門家が集まり、親子を助けようとするのだが・・・。 この豪華で不気味な館に秘められた謎とは・・・?、『パイレーツ・オブ・カリビアン』級のヒット・シリーズ化を目指す、ギレルモ・デル・トロ、ハットボックスゴースト、ダグ・ジョーンズ、Haunted Mansion、ジャスティン・シミエン、ロザリオ・ドーソン、オーウェン・ウィルソン、ダニー・デヴィート、ジェイミー・リー・カーティス、ジャレッド・レト、チェイス・ディロン、ティファニー・ハディッシュ、ウィノナ・ライダー、ラキース・スタンフィールド、ブライアン・マクルーア、

恐怖と笑いのノンストップ・アトラクション・ムービー『ホーンテッドマン...

デヴィッド・フィンチャーによるノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『ザ・キラー』、フランスの傑作グラフィック・ノベル「The Killer」をこだわりの映画監督デヴィッド・フィンチャーがその世界観を完膚なきまでに完全映像化! 他に代わりがいないとされる程の腕前の殺し屋ながら致命的なミスにより精神的にも窮地に立たされた殺し屋を2019年の俳優生活休止からの復帰主演作となったマイケル・ファスベンダーが冷酷に演じる。 目が覚めるほどに冷静で鮮やかな落とし前の付け方の数々、これぞアクション・ノワール映画の真骨頂。、原作はニューヨークタイムズ紙で"この10年間のベスト・グラフィック・ノベルの一冊"と言われた傑作、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、エリック・メッサーシュミット、アクション・ノワール、ネットフリックス、ザ・キラー、The Killer、デヴィッド・フィンチャー、マイケル・ファスベンダー、モニーク・ガンダートン、ティルダ・スウィントン、ケリー・オマリー、アーリス・ハワード、チャールズ・パーネル、エミリアーノ・ペルニア、ソフィー・シャーロット、サラ・ベイカー、Netflix 、

デヴィッド・フィンチャー最新作!ノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『...

未来につなぐ魂の東北巡礼『ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト』、東日本大震災後の岩手県、陸前高田。 被災地でボランティア活動中に行方不明になってしまった母アサミを探すため、東京でタクシー運転手として働く叔父イサムを訪ねてシンガポールから来た娘アミ。 だがイサムには、故郷に戻りたくない理由があった・・・。 共に陸奥へと向かうアミとイサム。 変わってしまった故郷の姿、そして想像を超えた経験が二人を待っていた。 震災後、今もなお苦しむすべての人に捧げる喪失の痛みと癒し、そして、未来への希望と成長の物語。、被災した人々、家族のその後のメンタル面への影響、その癒しに着目して製作された意欲作、ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト、Last Shadow at First Light、ニコール・ミドリ・ウッドフォード、永瀬正敏、白田迪巴耶、筒井真理子、ピーター・ユウ、

未来につなぐ魂の東北巡礼『ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト』