• エリア・スレイマン
エッフェル塔 創造者の愛、映画化実現まで24年の歳月を経た曰く付きの作品、革命百周年記念となるパリ万国博覧会のモニュメント、ギュスターヴ・エッフェル、パリ万博で建造された歴史的モニュメント、鉄の貴婦人と呼ばれるパリのスカイラインを永遠に変えたエッフェル塔。その建造にまつわる設計士エッフェルと美しき女性との許されざるロマンスを描く。、パリの風景を永遠に変えた禁断の愛、ロマン・デュリス、エマ・マッキー、ピエール・ドゥラドンシャン、アルマンド・ブーランジェ、エッフェル、Eiffel、マルタン・ブーブロン、

パリの風景を永遠に変えた禁断の愛『エッフェル塔 創造者の愛』

短命すぎたカナダ製元祖スマートフォン、その栄枯盛衰の舞台裏『ブラックベリー』、破竹の勢いで開発され誕生し、オバマ元大統領にも熱く支持されたカナダ製元祖スマートフォン「ブラックベリー」。 一旦はトップシェアを誇るが後にiPhoneの衝撃的なデビューにより、古くさいガジェットと成り果て、急速に需要は冷え込んでゆく。 流星の如く現れ、いち早く時代を先行したデバイスの驚愕の歴史を事実を元に描いたブラック・コメディ。、リサーチ・イン・モーション社の創設者マイク・ラザリディス(ジェイ・バルチェル)は親友のダグラス・フレギン、胡散臭い企業家のジム・バルシリー、その後のリサーチ・イン・モーション社、第73回ベルリン国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、BlackBerry、マット・ジョンソン、ジェイ・バルチェル、グレン・ハワートン、マット・ジョンソン、ケリー・ファン・デル・バーグ、グレゴリー・アンブローズ・コルダロン、ローラ・シレヴィッツ、マーティン・ドノヴァン、ケイリー・エルウィス、マイケル・アイアンサイド、カナダ

短命すぎたカナダ製元祖スマートフォン、その栄枯盛衰の舞台裏『ブラック...

現代が生んだピカレスク・ロマン『ソルトバーン』、『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020年)のエメラルド・フェネルによる脚本・監督最新作! 『嵐が丘』(1939年)のような土地の名をタイトルに冠し、近年の『パラサイト 半地下の家族』(2019年)やアラン・ドロンの名作『太陽がいっぱい』(1960年)、 またふらりと現れた料理人が一族を籠絡して屋敷を乗っ取る『すべての人のもの』(1970年・日本未公開)を想起させる作品コンセプトを フェネルのイギリスでの学生時代の思い出からハイソサエティの家族を破壊する一人の孤独な男の物語として書かれたシニカルでブラックなクライム・ストーリー。、実際に存在する由緒あるカントリー・ハウスで撮影された本作、舞台となるソルトバーンは、イギリス、ノーサンプシャーにある古色豊かなカントリー・ハウス、ドレイトン・ハウスを撮影場所に使用している。、見事な回廊は迷路デザインの世界的な第一人者であるエイドリアン・フィッシャーによって作られている。、目を見張る演技を見せたバリー・コーガン、ソルトバーン、Saltburn、エメラルド・フェネル、バリー・コーガン、ジェイコブ・エロルディ、ロザムンド・パイク、リチャード・E・グラント、アリソン・オリバー、キャリー・マリガン、アーチー・マデクウィ、セイディー・ソーヴラル、ポール・リス、ユアン・ミッチェル、Amazon、

現代が生んだピカレスク・ロマン『ソルトバーン』

インフィニティ・プール、Infinity Pool、ブランドン・クローネンバーグ、アレクサンダー・スカルスガルド、ミア・ゴス、クレオパトラ・コールマン、ジャリル・レスペール、奇怪なリゾートSFホラー、デヴィッド・クローネンバーグを父に持つ新時代を独自に表現し続けるバイオレンス系SFホラーの異端ブランドン・クローネンバーグの不条理に満ちた最新作。 舞台は全ての罪を被る身代わりクローンを作り出すことで際限なく残虐事件が巻き起こる架空のビーチ・リゾート・エリア。 シュールで不可解な出来事の先にあるものは? バイオレンスSFホラー最先端!、ユニークな本作の物語の源泉は実体験と創作物のミクスチャー、

奇怪なリゾートSFホラー『インフィニティ・プール』

痛烈なファンタジー・アクション快作!『フリークスアウト』、ナチス・ドイツに激しく凌辱される第2次世界大戦下のローマ。 長閑に暮らしていたサーカス小屋の芸人たちが全てを失い、ナチスと敵対し大逆転の反逆を仕掛ける!、監督は『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の ガブリエーレ・マイネッティ Freaks Out、ピエトロ・カステッリット、オーロラ・ジョヴィナッツォ、クラウディオ・サンタマリア、ジャンカルロ・マルティーニ、ジョルジオ・ティラバッシ、フランツ・ロゴフスキ、

痛烈なファンタジー・アクション快作!『フリークスアウト』