• ペドロ・パスカル
リアルなエコ・デザスター・ムービー『エンド・ウィー・スタート・フロム』、大規模な気候変動によって起きた大洪水に沈むロンドンから安住の地を求め、死に物狂いで逃れる母(ジョディ・カマー)と赤ん坊。 トラブル続きで落ち着くあてのない旅路の果てに安住の地はあるのか・・・?、撮影中、ストーカー被害に悩まされたジョディ・カマー、The End We Start From、ベネディクト・カンバーバッチのプロダクション・カンパニー、サニーマーチがまだ発刊前だったミーガン・ハンターの小説「The End We Start From」の映画化権を獲得、ジョディ・カマー、ベネディクト・カンバーバッチ、マーク・ストロング、キャサリン・ウォーターストン、ラマニケ・アルワリア、ジョエル・フライ、アレクサンドリア・ライリー、ジーナ・マッキー、ニーナ・ソサーニャ、マヘリア・ベロ

リアルなエコ・デザスター・ムービー『エンド・ウィー・スタート・フロム』

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』、いかに多くのユダヤ人を効率的に殺害するかという仕事に熱心に没頭し人類の歴史上、類をみない大量殺戮工場を指揮した男、ルドルフ・ヘスとその家族の平和で幸福な日々。 天国のような理想の家庭の真横にある地獄の収容所の様子は映像化せず、音だけでその恐怖を伝える様は、まるでホラー映画。 ジャンル映画を独自の発想で別なものに塗り替えてきた気鋭の映画監督ジョナサン・グレイザーは、二つの世界に横たわる底なしの闇を思いがけない撮影手法を駆使し淡々と見せてゆく。 ジョナサン・グレイザー監督作『関心領域』はスティーブン・スピルバーグが自らの代表作『シンドラーのリスト』(1993年)以来、現れたベスト・ホロコースト映画と褒め称えている。、ドキュメンタリーでも見ているかのように主観を排した撮影スタイル、夜間撮影は赤外線カメラを使う驚愕すべき撮影手法、気鋭の監督ジョナサン・グレイザーを最も有名にした映像作品とは?、『ヴァーチャル・インサニティ』、ジャミロクワイ、The Zone of Interest、ジョナサン・グレイザー、クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー、ヨハン・カルトハウス、ルイス・ノア・ウィット、ネル・エランスマイヤー、リリ・ファルク、メデゥーサ・ノフ、マックス・ベック、ステファニー・ペトロウィッツ、 イモーゲン・コッフ、ラルフ・ハーフォース、ダニエル・ホルズバーグ、フレイヤ・クロイツカム、マリー・ローザ・ティーティエン、

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』、唯一無二の奇想天外な作風とそれを形にする画家としての高い技量で20世紀を代表する画家の一人となったスペインのアーティスト、サルバドール・ダリ。 ポップ・カルチャー全盛の70年代、ニューヨークで夜ごと繰り広げられるパーティを堪能し尽くし、アートの最前線を独走していたのは、口髭を生やし、奇抜なスタイルのダリだった。 その奇想天外なシュルレアリスムの大家の源泉とは何なのか? ダリと創作パートナーであった妻のガラとの私生活、アートと金の関係など知られざるエピソードを盛り込みダリの真の姿を映し出す。、アート青年、ジェームス・リントン役はエズラ・ミラーが演じる予定だった。、Daliland、メアリー・ハロン、ベン:キングズレー、バルバラ・スコヴァ、エズラ・ミラー、アンドレア・ペジック、クリストファー・ブライニー、ルパート・グレイヴス、スキ・ウォーターハウス、マーク・マッケンナ

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』

滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』、6500万年前の宇宙。 宇宙探査からの帰還途中、宇宙船が白亜紀の地球に不時着する。 生存者はミルズと少女コアの二人のみ、地球上を闊歩するのは食物連鎖の頂点に君臨する巨大恐竜だった・・・。 地球を壊滅させる小惑星帯が迫りくる中、決死の覚悟で脱出用シャトルを探し出すが、絶滅まで残された時間はあとわずかだった・・・。、意外だがアダムにとって、本作がガン・アクション・デビューとなった、65 シックスティ・ファイブ、スコット・ベック、ブライアン・ウッズ、アダム・ドライバー、アリアナ・グリーンブラット、クロエ・コールマン、ニカ・キング、

滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』

小説家の映画、The Novelist's Film、ホン・サンス、イ・ヘヨン、キム・ミニ、パク・ミソ、ソ・ヨンファ、クォン・ヘヒョ、キ・ジュボン、チョ・ユニ、ハ・ソングク、イ・ユンミ、キム・シハ、新しい出会いと人生第二章の幕開け、ホン・サンス映画の顔である女優キム・ミニと前作『あなたの顔の前に』(2021年)のイ・ヘヨンが女優と短編映画を撮ろうとする小説家として共演する。 邁進してきた道で成功を収めつつも心に悩みを抱えて生きてきた二人の女性の出会いを軸に友人たちとのふれあいと人生の新たなページが捲られる時に感じられる清々しい心のざわつきのひとときを描く。、多作の人、ホン・サンス監督、第72回ベルリン国際映画祭:銀熊賞(審査員大賞)

新しい出会いと人生第二章の幕開け『小説家の映画』