• クリス・ヘムズワース
フル・スロットルで見逃すな!『ワイルド・スピード ファイヤーブースト』、カーアクション映画の限界突破を更新し続けてきた『ワイルド・スピード』サーガ 22年もの歳月をかけ、実に10作目となったメガヒット・シリーズも次回11作目で現在のメンバーでの最終章となる。 アクション映画を撮らせたら、目を見張るほどのキレのいい演出力を誇るフランス人監督ルイ・ルテリエを迎えた本作は、再びドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)のファミリーに一大危機が訪れる。 新たなメンバーも参加し、仲間たちはバラバラになりながらも一致団結して、復讐の鬼と化した強敵ダンテ(ジェイソン・モモア)に挑んでゆく。、シリーズ終焉に向かって強化される全部乗せ的集大成と深化する謎、製作費もシリーズ最高額の約3.4億ドル、Fast X、ルイ・レテリエ、ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、ジェイソン・モモア、タイリース・ギブソン、リュダクリス、ジョン・シナ、ジェイソン・ステイサム、ジョーダナ・ブリュースター、ナタリー・エマニュエル、サン・カン、レオ・アベロ・ペリー、シャーリーズ・セロン、ブリー・ラーソン、ヘレン・ミレン、リタ・モレノ、スコット・イーストウッド、マイケル・ルーカー、アラン・リッチソン、オスカー女優が4人も出ている、予告編冒頭シーン、ドムの家の庭でのガーデン・パーティの最中、ドムとミア(ジョーダナ・ブリュースター)の母、アブエリタ・トレット(リタ・モレノ)が皆に語りかけるシーンを観るとミアに向かって右隣の席が空席となっている

フル・スロットルで見逃すな!『ワイルド・スピード ファイヤーブースト』

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』、旧ソ連に侵攻され、ナチス・ドイツに祖国を焼かれたフィンランド。 愛犬と旅する謎の老兵コルピがたまたま掘り当てた金塊。 だが、お宝の臭いを嗅ぎつけたナチスの戦車兵団に老兵はつけ狙われることに・・・。 ナチスに対抗する武器はツルハシ一本のみ、地雷原での勝ち目のない銃撃戦で撃たれようとも縛首になろうとも強靭な体力と知力でピンチを切り抜け死ぬことを拒否した謎の老兵の正体とは? CG少なめ、まるで往年のオールド・スクールの典型的なアクション映画を思い出させてくれる胸のすく傑作が世界一幸せな国と言われるフィンランドから生まれた。 老兵は、本当にツルハシ一本でナチス兵団を討てるのか?、コロナ禍が生んだアクション映画の傑作にはモデルとなったフィンランド兵士がいた!、シモ・ヘイ、シッチェス・カタロニア国際映画祭:主演男優賞・ヨルマ・トンミラ、撮影賞・クジェル・ラーゲルース、作品賞(オフィシャル・ファンタスティック・コンペティション)、オリジナル楽曲賞・ジュリー・セップ、トゥオーマス・ワイノーラ、SISU シス 不死身の男、ヤルマリ・ヘランダー、ヨルマ・トンミラ、アクセル・ヘニー、ジャック・ドゥーラン、ミモザ・ウィラモ、オンニ・トンミラ、アルトゥ・カプライネン、セヴィリ・サーリネン

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日16日(金)にオープン!、去る4月10日より長期休館に入ったBunkamuraル・シネマは6月16日(金)より、渋谷駅の目の前に立地する旧渋谷TOEI跡地に新たな映画館「Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下」をオープンする。、コンテクストを継承しつつ、新たな気配のする空間、より駅前に立地することの優位性、

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日1...

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『鳥たちへの説教』、『死ぬ間際』(2020年)で東京フィルメックス最優秀作品賞、『クレーン・ランタン』(2021年)で東京国際映画祭芸術貢献賞を受賞したヒラル・バイダロフ監督最新作。 アゼルバイジャンの森を舞台に戦争がもたらす悲劇と、人間の愚かな行いとは無縁であるかのような自然の美しさが驚異的な映像美と詩で多次元的に描かれる。、「説教」3部作のうちの1本として作られた映画、魚への説教/Sermon to the Fish、ロカルノ国際映画祭・緑の豹賞(スペシャル・メンション受賞)、第36回東京国際映画祭:コンぺティション部門正式出品作、鳥たちへの説教、Sermon to the Birds、アゼルバイジャン、ヒラル・バイダロフ、オルカン・イスカンダルリ、ラナ・アスガロワ、 フセイン・ナシロフ、2023 Ucqar Film 、

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『...

落ちものパズルゲームの元祖『テトリス』にまつわるビジネス・スリラー、1980年代、ビデオゲーム黎明期に大流行したゲーム「テトリス」の成功の裏話。 テトリスの魅力の虜となった一人の狂信的なビジネスマンの命をかけた権利獲得競争を描く実話を元にした奇想天外なビジネス・スリラー。、BPS、ヘンク・ロジャース、テトリスの開発者アレクセイ・パジトノフ、実在のモデルからは演出がハリウッド映画過ぎるという厳しい指摘も、27年間も続いたビデオゲーム「テトリス」人気、Apple TV +、

落ちものパズルゲームの元祖『テトリス』にまつわるビジネス・スリラー